旅立つひとを

$夏沙のブログ

旅に出よう

日本社会の窮屈さを感じたとき
旅を恋しく思う気持ち
それにしたがって。

自由に
心から
笑う
海がきれい
出会う
出会いにただ左右されて
そして明日が作られていく
旅こそが人生だということすら感じる

それだけ
そんな旅

出会う
景色 
民族
文化
ひと
ごはん
空気

それに左右されて明日が決まるの

そーんな、人生

明日が決まっていて
一週間、毎日起きる時間が絶対的に決まっていて
時間とお金の感覚は
東京という忙しすぎる社会の
ほんの一部の現実の中で右往左往しているだけ
夢を見ようが見まいが
ただの「夢」にしかならなくて
そんな一秒一秒を退屈だと思うことすら忘れて
めまぐるしい異常な時間の流れの中で
一日という時間は
あっけないくらいに無意味で
何が良くて何が悪いかなんてどうでもよい
細かすぎる相手のただの一言に悩まされたり
自分がそこにいる言い訳を追い求めて疲れたり
うんざりする社会を作り上げているのは一体誰なんだ

旅に出よう

すべてを捨てたら
その瞬間に
すべては自分のものに
旅をしよう
地球にただ身をまかせて
出会いにだけ 
頼って
そんな明日をね。

$夏沙のブログ


旅立つひとを」への3件のフィードバック

  1. ショーへー

    SECRET: 0
    PASS:
    夏沙
    そうだね。
    時間とお金が動き回ってるね…
    旅する時間とお金…
    これもまた現実だね…
    俺はなんとか頑張ってるよ!
    けど、夏沙のブログに共感した!

    返信
  2. ジャペーーーン

    SECRET: 0
    PASS:
    夏沙はいいこと言うよ!
    周りにそんな考えの人いないからそういう人とばかりいると窮屈な社会に詰め込まれそうになる(>_<)

    返信
  3. さよ

    SECRET: 0
    PASS:
     わたしもおもって いつもいます。
     また あなたの自然な感覚に触れにくるから
     
     中身はそのままで守っていて欲しいと思う。
    さよでした

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です