旅とスティーヴィーワンダー

二十歳の頃、冬のヨーロッパを一人で旅していた。
どこにでもいける自由な感覚と、少しの寂しさと。
少しずつ変わっていく電車の窓の景色見ながら
自分のこと、これまでのこと、これからの人生のこと・・・
思いつくままに自由に思いを巡らせていた。

移動時間は好きだった。
座っていれば、期待通りに変わっていく寒そうなヨーロッパの国々の景色を眺めながら
耳にはいつも、スティーヴィーワンダー。

行き先も、時間も、しなきゃいけないことも、何も決まっていなくたっていい。

心が思うままにそこにいれば良かった。

それから6年くらい経って

変わらず世界中を旅しながら生きてきているけど
今日は仕事で北海道の海岸線を電車で走ってる。
久しぶりに、スティーヴィーワンダーを聞きながら。

北海道の新緑と海の景色はのどかで、旅している感覚が全身を満たしていく。

photo:01


この半年間、世界中、日本中を移動しながら生活していたなぁ、と実感する。

一月に出港した地球一周の大航海は
世界中のたくさんの国を訪れて
話したら何日もかかっちゃうくらいに
また、たくさんの経験とたくさんの感情を生んで
無事に日本に帰港した。

photo:05


帰ってきてからは
休暇で、沖縄や、30年前に父が建てた山小屋に遊びに行っていたらあっという間に時間が過ぎた。

photo:02


photo:03


仕事が始まっても、宮城や岩手や北海道や・・・いろんなとこに行きながら、
東京での生活を少しずつ取り戻していっているところ。

いつも旅の途中の移動時間は
過去も未来もいろんなことを思い出したり想ったり。

この半年間、たくさんの仲間に囲まれていたけれど
一人になる時間が完全になかったから

一人で電車のって海岸線眺めて
スティーヴィーワンダー聞いてると
これから先のこと
自分のこと
ゆっくり考えちゃったりして
きっとまた旅は続いていくし
新しい仲間に出会ったり

まだまだ知らない世界にこれからも出会い続けるだろうけど

たまには一人でこうして
スティーヴィーワンダーきいて
のんびり電車に揺られる時間がないとな!

photo:04


4年前から書き始めたこのブログも、
最近は手を付けなくなってきたけれどそれでも誰かが読んで声をかけてくれると嬉しくて
また発信してみようかなと思う。

当分は日本をうろうしているはずなので
懐かしいひとたちと
一緒にご飯食べたり
ピクニックしたり
ゆっくりできる時間を楽しみにしています♡

p.s.
旅の途中で、携帯を、なくして、
アドレス帳が消えてしまったので
もしこれを読んでくれていたら
連絡先を送ってください!
番号、アドレス変わりません。


旅とスティーヴィーワンダー」への1件のフィードバック

  1. 吉田

    SECRET: 0
    PASS:
    よしだも読者だよ^^
    旅って素敵だなって思えたよ!
    なつさのおかげだ!ありがとう!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です