広島八年


私の人生初めての一人旅は広島だった。

高校一年生の夏、原爆ドームを見なくちゃと思い立った。その一日は私のその後の人生にとても重要な一日となった。
一人で知らない土地を歩くワクワクと不安。何も分からずにただ平和記念公園に行っただけだった。
広島から、おじいちゃんちがあった出雲まで夜行バスに乗った。
夜行バスを待っている間に目の前にあった本屋に入り、目について衝動買いした一冊の本。
高橋歩さんの『Love & Free』だった。
夜中バスの中、私の席の上だけライトをつけて、一気に読んだ。
運命だった。
旅をしよう。世界中を旅しよう。
そう、単純に、思った。そう、単純に、決めた。
それから8年。(えっ、もう8年!?)
アメリカで暮らし
アフリカで暮らし地球一周と地球半周し
一人旅も二人旅もたくさんして
世界中に友達が出来て
そして今日、ピースボートスタッフをやっている自分は
地球一周の説明会で広島に8年振りに来ていた。
最近休みなく働いていて疲れは溜まっていたけれど
朝早く出なくてはいけなかったものを、
更に一時間早く出で、一人で原爆ドームの周りを散歩した。
8年前を思い、それから8年経った自分を思ったら、不思議な実感だった。
説明会で二人の高校生と出会った。
8年前の私みたいに、夢をどんどん膨らませて真っ直ぐ前だけ見てた。2人ともキラキラしてて、なんだか二人の人生、他人事じゃないような気がした。
夢を持って、躓いても前みて進む。
好きなこと、夢中になれる事を見つけたら、
周りなんか見えなくなったって、とにかく夢ばっかり広げちゃう。
すごくすごく、応援したくなった。
出会った人や出会ったものや、もちろん出会った本一冊で、
生き方や人生なんて変わっちゃうし、変えられる。
私の8年間が、今日出会った二人に良い影響になったら嬉しい。こうして、つながって、つながって、つながっていく。きっと彼女たちも8年後に、また誰かに影響与えながら、影響受けながら、生きていく。繰り返し。
そうやって、小さいけど、小さい影響の与え合いが大きくなっていって、地球をおおっていき、人と人がつながり、生きて、死んで、また始まって。その繰り返し。難しそうな社会に組み込まれていて難しそうだけれどそーんなことなくって、単純なのにね。
考え出したら規模が大きくなってきた
今は東京に戻る新幹線の中。旅の移動時間が、好き。

広島八年」への2件のフィードバック

  1. ひーくん

    SECRET: 0
    PASS:
    原爆ドームは俺も興味あるなぁ!
    高校生のころ、
    修学旅行どこに行くかの多数決で、
    俺は原爆ドームに行きたくて広島に票を入れたんだ。
    でも、
    行先は北海道だったよ。
    まあ、北海道最高だったけどね♪
    俺もいつか日本を旅しなければ、
    このままじゃ死ねないやぁ(;´▽`A“

    返信
  2. 夏沙

    SECRET: 0
    PASS:
    >ひーくんさん
    まだまだこれからでしょ!
    私もまだ日本中いきたいところたくさん!
    けど国内旅行高いから
    世界中のいきたいところに目が向いてしまう!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です