停電のはなし

停電の夜
停電が、すき。
停電の夜
街中が真っ暗になって
みんなが
ランプに灯をともして
キャンドルに灯をともして
私もそうして
オレンジのあったかいひかりが
ひとのまわりをあったかく照らす
私の空気をあったかくオレンジに染める
停電は、時間の流れを変える。
電気があるとき、時間は社会の流れの速さに合わせる。
インターネットにつないで世界の流れにのっかる
電気ポットでお湯が3分でできる
やらなければならない仕事に追われる
ラジオやテレビから世界のニュースや
遠い誰かの声が伝わる
電気がないとき、時間は社会の流れに逆らう。
することがあまり無くなる。
仕事も休憩
人々は、のんびりする。
生きる上で基本的なことが中心になる。
暗闇が、本当の夜空を見せる。
音が、透き通る。
電気がない世界を
日本にいると想像できなくなる。
電気が無くなれば、生活が出来なくなる。
ここでは、電気が無くても生活は変わらず続いていく。
水は井戸から汲む
火は炭を燃やす
夜の明かりは灯をともす
シンプルだけれど
あったかい。
こんな世界があることを
夜でも国中が明るすぎる場所にいる私だったら
想像もできない
日本にいたら
こんなアフリカの電気のない生活なんて出来っこないけれど
少なくとも
停電から学んでいることは
「先進国」に帰ってからも
生きていくことを願って
今はアフリカの時間の流れを楽しんでいようと思う。
・ ・・・・・
というのは、私の独断の話であって。
ウガンダ人からしたら
NO POWER = NO WORK = POVERTY!
だそう。
それはそうだな。
と、ちょっと反省する私・・・・
やっぱり、豊かな国の人間がこの国を語ると、きれい事になりがち。
この国の人は毎日電気があって欲しいし、
日本みたいに電化製品たくさん欲しいし、
もっとお金欲しいし、
もっともっといい暮らししたいと思ってる。
そんな風に思うのは人間の当たり前のことなんだよね
それでも今、「先進国」で
スローライフだとかそうゆうのがはやるのは、
手に入れたモノが多すぎて
失ったモノの価値をやっと気づき始める人が少しずつ増えているからなのかな。
手に入れたモノは失いたくないけれど、
失ったモノはまた手に入れたい。
なんて自分勝手な世の中なんだ!
そして、「先進国」は手に入れたけれど
それをまだ手に入れてない国に対して
スローライフ!素敵!
なんて言ってる私だって、自分勝手すぎるのね。
なんて、思ったりもするのです。


停電のはなし」への4件のフィードバック

  1. harumiwa

    SECRET: 0
    PASS:
    夏沙のブログから遠いアフリカを想像してます。
    夏沙は今、なんだかウガンダでは「日本代表」
    日本では「ウガンダ代表」みたいな立場だね(笑)
    ウガンダの人にとっても、日本にいるわたしたちにとっても、お互いの国の情報源は夏沙だから^^
    >写真は時に言葉より多くのものを語ってくれる!
    なんだか夏沙の世界がすごく近くに感じる写真がすてき☆
    そして、カメラちゃんと買ったんだね!!
    すっごくいい写真ばかり☆
    これからも楽しみにしてるねー!!

    返信
  2. 真有

    SECRET: 0
    PASS:
    頑張りすぎたら疲れる
    作りすぎたらあまる
    疲れたら休みたいし
    あまったらいらない
    あたしはいなくなって初めて想われる人になりたいです

    返信
  3. NAKO

    SECRET: 0
    PASS:
    私も停電が、結構好き。
    ボツワナでは、こと首都のハボロネではほとんど
    起きないけれど・・・
    でも、夏沙が言うように、国の当事者にしてみれば、好きとか言ってる場合じゃないものだよなぁと気づかされました。
    手に入れたものは失いたくない
    でも 失ったものは手に入れたい
    自分勝手だなぁと思うけど、その自分勝手なのが
    人間ってもんなんだから、仕方ないのかなとも思ってみたり。
    隣の芝生は、常に青いものなんでしょうかね。

    返信
  4. きーがん

    SECRET: 0
    PASS:
    きくえさんです。日本の状況世界の状況本当に心が痛むことが多 いですね。泣き虫夏沙がこんなに遠くでがんばっているなんて想像出来ません。世界中の子どもたちがみんなつちのこのこどもたちのように素敵な笑顔でいられますように、きくえさんも心から願います。私は私の場所からがんばります。そして楽しみながらやっていきましょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です