COFFEE JOURNEY

 

来年オープンに向けて作っている「地球を旅するカフェ
で、使いたいスペシャルなコーヒー豆(AKHA AMA COFFEE)を
直接自分で仕入れたくて、
タイ北部のコーヒー農園まで行ってきました。

IMG_0341

 

「地球を旅するカフェ」は、
世界中を旅した中で出会ったストーリーのあるものが集まっているカフェ。
そのひとつが、タイのチェンマイで出会ったAKHA AMA COFFEE です。

お客さんにお店に来てもらって、
お金を払って一杯のコーヒーを飲んでもらうということを
大切にしたいから

自分たちが使うコーヒー豆が、
どんなところで、どんな気候のどんな水と空気の中で
誰がどんなふうに育てて
どんなふうに運ばれて
どんな人にどんなふうに焙煎されているのか

それを自分で見たかった。

AKHA AMA COFFEE は特に、そういったコーヒーのストーリーを大切にしているカフェ。
だから、年に一度、参加者を募って、
収穫のこの時期に、リー君(AKHA AMA のオーナー。)の村まで
コーヒーの道のりをたどるツアーが開催される。

 

COFFEE JOURNEY に集まったのは、
タイ全国から集まったタイ人をはじめ、私たち日本人や、
アメリカ人、ポルトガル人、スイス人、シンガポール人、アメリカ人・・・と
国際色豊かなメンバー。

チェンマイから更に北に行った、チェンラーイ県の山奥にある村で育つコーヒー。

黄色いソンテウ(タイのローカル乗り合いバス)に乗り込んで
雨のぱらつく中、COFFEE JOURNEY へ、出発!

IMG_0099

 

IMG_0081

 

山の麓まで着くと、今度はオフロードトラック(?)に乗り換える。
ここからは、すごい道のり!

IMG_0105

 

IMG_0114

コンクリートの道もなくなり、泥道をタイヤ滑りながら進んでいく・・・

この道のりを体験できただけで、
チェンマイの素敵なカフェで出てくる一杯のおいしいコーヒーの壮大さが身にしみてしまう。

2時間近く山道をいくと
ようやく、リー君の村、AKHA AMA COFFEE が育つ村「Maejantai village」に到着!!!

IMG_0282

人口350人の小さな小さな村。

ここに滞在する2泊は、もちろんホテルなんてないので、
村の人たちのお家に分かれてホームステイ。

素朴な山の中の暮らし。
村の電気はすべてソーラー発電。
天気の変わりやすい山の気候。
朝は起きると一面真っ白。雲の中の村。

 

次の日は、村から更に40分くらい歩いて、
コーヒー農園へ。

IMG_0308

またすごい道のり。

やっと着いたコーヒー農園。
コーヒーの真っ赤な実がたくさんなっていました。

IMG_0315

IMG_0331

リー君から、コーヒーのことを教えてもらって、
私たちも、コーヒーの収穫!

IMG_0358

IMG_0360

コーヒーの実って、食べると甘くて、おいしくて、びっくり!
本当にフルーツなんだな〜と感動してしまいました。
もちろんオーガニックなので、そのまま、ぱくぱくコーヒーの実を食べて・・・

そして、みんなでこんなに収穫しました!

IMG_0369

赤くてかわいいコーヒー豆。

日本にいたら、真っ黒なただの「コーヒー」が
こんなに色鮮やかで、甘くておいしくて。
コーヒーに対する感覚が一瞬で崩されていく体験・・・。

お昼ご飯は、リー君のお母さん(AKHA AMA COFFEE のロゴになっているお母さん。)が
おいし〜〜い、タイ料理をたくさん作ってくれました。

オーガニックで地産地消。素敵だな〜〜。

IMG_0378

お昼ご飯の後は、
コーヒーの木に囲まれながら、コーヒーを淹れて
何度もみんなで味比べしたり。

IMG_0189 (2)

こんなにきれいな空気ときれいな水のある山の中で
心を込めて大切に育てられているから
初めてここのコーヒーを飲んだとき、感動したんだな、って
心から実感しました。

収穫したコーヒーの実は、
機械で中の豆の部分と実の部分を分けます。
(赤い実の部分が美味しかったので、なんだか、捨てられてしまうのがもったいない!)

IMG_0440  IMG_0429

IMG_0438

 

生のコーヒー豆。

IMG_0273

 

これを丁寧に乾燥させていきます。

そして乾燥した豆は、またあの泥道を下って、チェンマイの街まで旅をし、
AKHA AMA COFFEE のカフェで焙煎され
美味しい一杯のコーヒーになるのです。

じゃん!

IMG_8969

 

丁寧に大切に育てられたコーヒー豆。
美味しくないわけがない。
私と純平が、このカフェにであって飲んだコーヒーに感動したその理由が
今実感としてわかった訳です。

そして来年オープンする私たちのカフェで
このコーヒー豆を使って、美味しいコーヒーを淹れることにしました。

山奥の小さな村から来たコーヒー豆は
ついに日本まで旅をして、
私の大切な人たちにも飲んでもらえる日が近いです!

リーくんにもコーヒーのことをたくさん教えてもらって、
私たちのカフェのオープンを応援してもらいました。

オープンしたらいつか、
リーくんを日本に呼んで、コーヒーの素敵なストーリーを
リーくんの淹れる一杯のコーヒーとともにみんなに紹介できるような企画も
やりたいな〜と、またひとつ実現したいことも増えました。

IMG_0450
(リーくんは、私と同い年♫)

今は、持ってかえってきたいろんな種類のコーヒー豆を
どれをどんなふうにお店で提供するかを試行錯誤、
毎日コーヒーを淹れながら考える日々です。

地球を旅するカフェで飲める、
AKHA AMA COFFEE を、お楽しみに!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です