遠いアフリカのこの街で

カムリでもうひとり、
とっても会いたかった人がいた。

私がウガンダにいた間、一番お世話になったひと。
いちばん一緒に時間を過ごさせてくれたひと。

Mr.Peace!

名前からしてとっても素敵な、ピースさん!

(彼とのことを書いたウガンダにいた頃のブログ→http://natsusa-blog.com/?p=494

日本に帰ってからもメールでやりとりをしていた。
私がウガンダに行くことを決めたとき一番に報告し、
一番に喜んでくれる人。

今回、カムリに滞在していた数日間、
彼のおうちで3食ぜんぶご飯も作ってくれて!

IMG_1353

IMG_1222

彼の子どもたちももちろん大きくなっていて、
私が来ることを心待ちにしていてくれたそう。

3姉妹の一番下のデボラは、当時も私がとってもかわいがって懐いてくれていた子。
大きくなっていても、会ったらすぐに分かった!
相変わらずかわいくって、また会えたことがとっても嬉しかった。

IMG_1226

Mr Peace の当時の奥さんは、2年前に亡くなっていることはしっていたけれど
今は新しい奥さんがいて、
親戚の孤児たちも集まって、なんだか更に大家族になっていた。

(新しい奥さんは、私も知っている人だった!)

IMG_1242

IMG_1235

IMG_1343 IMG_1342

私は当時、彼の活動を手伝って、
彼が自分のプロジェクトとして10年ほど前に始めていた
小学校に、私は先生として通っていたんだけど、
その小学校ももちろん訪れた。

IMG_1275

校長先生のウィリアムは相変わらずゆる~いやさし~い先生のままで

子どもたちは5年もたったから入れ替わっていて
知らない子供たちばかりだったけど、
中には私がいた頃の子もいて!

特に私になついてくれていた
ルーシーという女の子がまだいて、
5年たってすっかり大きくなっていたから私は最初わからなかったんだけど
彼女が恥ずかしそうに、「ナツサセンセイ」って言ってくれて
私もようやくわかって、嬉しくて!

IMG_1269

当時使っていた校舎は、
土壁の本当にボロボロでいつ倒れてもおかしくないような校舎だった。

そしたら案の定、
台風が来た時に倒れてしまったらしく、なくなっていた。

IMG_1278

私は当時、Mr Peace と一緒に
JICAにプロジェクトを通して支援金を得て
新しい校舎を作ることができたから

その校舎が今はちゃんと役に立っていて
ほっとした。

IMG_1264

カムリ滞在中は、Mr.Peaceと彼の家族が
ほんとうにあったかく歓迎してくれて
なーんにもないところだったけど
この街との縁がつながって
こうして何年か経ってまた来ても
待ってくれている人がいて、
きっとまた何年かしてからこの街を訪れても
またあったかい気持ちになれる、
そんな場所が、日本からはとっても遠いアフリカにあること
私はそれがすごく幸せに思えてしょうがない!

いつか、この街やMr Peaceとのプロジェクトをもう少し広げて
私は自分の仕事とつなげて
スタディーツアーや、何か形になるものを作り上げていけたらと
思っている!ので、お楽しみに~!

IMG_5684


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です