カテゴリー別アーカイブ: 【ピースボートのはなし】

偉大なるネットワーク!

普段は日常として
勤務しているピースボートセンター。

今は
ピースボートのネットワークの偉大さを実感させられながらの毎日。
過去にピースボートに参加した仲間たち。
過去のピースボートスタッフ。
水先案内人と呼ばれる、船のゲストの方々。
それから、動き出したい!と集まってくるたくさんのひとたち。

一般市民の私たちが
何かしたいと思って動ける場所がここにある。

今日は、私が6年前に初めて参加者としてピースボートに乗ったとき
一緒に乗っていた仲間たちが
一緒に募金をやりたい!
と集まってくれた

夏沙のブログ
(これは現役ボラスタたち!)

4万人以上のひとが、ピースボートで地球一周の旅をしてる。
そのネットワークは、すごい。
世界中を巡り続けているピースボートの
世界中の仲間たちからも
支援や
応援が
たくさん届いている。

小学校高学年の男の子達が
他の団体では年齢が小さすぎて受け入れてもらえず
ピースボートだけが何歳でも受け入れてくれるから

皆、手に支援物資のオムツを持ってセンターにきてくれた。

昨日は、ピースボートが支援を行っている
石巻へ
一般ボランティアの第一陣の皆がバスに乗って出発した。

どんどん集まる支援物資の食料も
2つの大きなトラックに積み込んで、出発。

夏沙のブログ

メディアもたくさん来た。
旅のカリスマであり自由人であり、ピースボートの水先案内人でもある
高橋歩さんとその仲間たちも
ピースボートの支援に混ざって石巻へ出発していった。

夏沙のブログ
(出発していったボランティア)

たくさんの人が、日々ここに集まってくる。
ピースボートは、「地球一周」という壮大なプロジェクトを続けてきているからこそ
こうして
災害が起こったときには
たとえそれが海外での出来事だったとしても
皆で支援をする。
皆が支援をするための場所を最大限作る。
そして、世界中のひとと繋がっていくために、
旅に出たいと思える世界の環境を壊さないために
旅に出たいと思ったときに、旅に出られる日本であるために
船を出し続ける。

・・・・と、自分に言い聞かせながら、今やるべきことを、やる。
!!


葛藤した心の中、心からの呼びかけ

もうあれから約2週間。

自分を取り巻くたくさんのことが変化をしているのに
自分が「仕事」としてやるべきことはあまり変わっていなくて
感情がついて行かない部分や
自分のなかでの葛藤をためこんでいたり
状況も、感情も、たくさんのひとのの人生も
どんどん変わっていったこの2週間。

あの地震のとき 自分が何をしていたか なんて
もうそんなことをここに書くことすら、そこにはもう感情はなくて
変わっていくことについていくことだったり
なにもできない自分の無力さに息詰まったり
そんなふうに気持ちぐらんぐらんさせているうちに
まわりはどんどん進んでいく。

私が勤めているピースボートは
すぐに災害支援チームが立ち上がって、
もうどんどん現地にボランティアを送り出している。

今日も、さっき、数名のボランティアと
皆で積み込んだ支援物資をのせたトラックが出発していった。

募金活動も全国のピースボートセンターで行っている。

普段はカンボジアの地雷廃絶募金を週一で行うけど、
比にならないほどのお金が集まる。

たいして発信したい言葉が今はない。
できることと、やらなきゃいけないことはかみ合わないこともある。
目の前で皆が支援のために動いている中
自分は自分のやるべきことがあってそのために動けないとき
すごく苦しいけど
それでも私が選んでいることで
ピースボートがなければこうして皆が動く場所もなかったわけで

だから私は
深呼吸して今私がやることをやる。

でも、だからこそ、これは心から、呼びかけたい。
もし今、時間があって、少しでも何かしたいという思いがあるかた
いましたら、
是非ピースボートの支援活動に協力してください。

行政機関ではなくて、NGOにしかできないこともあります。
どこのNGOもまだ動き切れていない中、ピースボートは着々と現地へ支援を届けている。
私はそのほんの一部しか関わっていないけど
私の仲間たちが、
頭使って、体使って、ピースボートの28年間の経験とネットワークを最大限に生かして、
精一杯動いています。

詳細を載せます。



ピースボート 東北・関東大震災 緊急災害支援
宮城県石巻にて、緊急災害支援がスタート
現地派遣の一般ボランティアを大募集!

2011年3月11日(金)に発生した太平洋沖を震源地とする地震の被災者の方々に対して、心よりのご冥福とお見舞いを申し上げます。
 ピースボートでは、東北関東大震災への緊急救援を始めました。3月17日より被災地に入った山本隆(40)ら先遣隊スタッフが、すでに宮城県石巻市内を中心に救援物資搬送などの活動を行っています。しかしながら、現地では交通事情の問題などで、実際に救援活動に携わる人手がまったく足りていません。そこで、ピースボートでは、石巻市での早急かつ継続的な支援のため、広く一般から募集するボランティアを組織し、独自の交通機関で現地へ派遣することを決定しました。
 3月23日(水)より、東京・高田馬場のピースボートセンターとうきょうで、ボランティア希望者に向けた「救援ボランティア説明会」を開催します。ボランティアの内容は、炊き出しや避難所のお手伝い、物資の運搬などで、チーム毎に1週間程度の派遣を予定。そのほか、東京での物資仕分けのお手伝いや街頭募金などの短期ボランティアも募集しています。

災害支援ボランティアへの応募方法


ボランティアの種類:

○被災地での救援ボランティア:
  炊き出し、避難所の手伝い、物資運搬など
<条件>
 ・最低1週間以上の現地派遣が可能な方
 ・20歳以上の男女で、体力に自信のある方
 ・事前に下記「災害支援ボランティア説明会」に参加できる方
 ・交通費、食費、宿泊などに伴う費用を自己負担できる方
 ・寝袋、防寒着、(テント)、長靴、1週間分の食糧を持参できる方
○東京での短期ボランティア:
 支援物資の仕分け、街頭募金、説明会の設営・受付など
<条件>
 ・1日から参加可能
 ・東京での食費、宿泊などに伴う費用を自己負担できる方

救援基金でのご協力
救援物資の購入や、炊き出し用の食材の購入など、緊急災害支援の活動のための募金にご協力ください。

 郵便振替口座 00180-6-705651
 口座名 ピースボートUPA(※通信欄に「災害支援」とお書きください)
 ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 当座0705651
 ピースボートUPA国際協力プロジェクト
 (※振込人依頼人名の前に「サイガイ」とご入力ください)
※募金の一部は、通信費や運送費など救援活動に必要な経費にも活用させていただきます。
その他
炊き出し用の食材や調味料、食材、また物資運搬に使う自転車(どちらもまとまった数のご提供のみ受付)のご提供をいただける企業・団体があれば、上記「ピースボート 緊急災害支援係」までご連絡ください。
ピースボートでは、今後も、被災した方々からのニーズ(希望・必要)を直接確認しながら、様々な支援活動を展開していく予定です。現地レポート、新しい災害支援の内容、今後の「災害支援ボランティア説明会」の日程などは、詳細が決まり次第、当ホームページにてお知らせいたします。
皆様のご協力を、こころよりお願い申し上げます。


このリリースに関するお問い合わせは…

ピースボート緊急災害支援係・担当:合田(ごうだ)、篠原
(Tel:03-3363-7967/Fax:03-3363-7562/E-mail:kyuen@peaceboat.gr.jp)


■支援スタッフによる現地レポート 

http://www.peaceboat.org/info/news/2011/110322.html

■ピースボートホームページ

http://www.peaceboat.org/index_j.html

夏沙のブログ
支援物資を載せ込んだトラック出発!


趣味と仕事は一緒がいい!

夏沙のブログ
ピースボート71回クルーズレポート

最近は、ブログほったらかし!
でも今日、こうして発信しようと思ったのは、昨日の出来事から。

昨日、ピースボートのボランティアスタッフ説明会に来てくれた方々の中に
2人の学生さんがいました。

説明会の始めに、それぞれ少し自己紹介をしてもらうんだけど、
「夏沙さんのブログを読んで、ピースボートに興味を持って説明会に来ました」
と。

ひとりが私のブログを発見し、もう一人の子に私のブログを紹介してくれたそう。
それで2人で説明会に来てくれた。
実際に本人である私が説明会をしたんだから、2人はびっくりしていたけど。
なんか、すごいね!

単純に、インターネットという存在の偉大さを感じたのもあるけど、
私がこうして書いたものを読んで、心動いて説明会まで足を運んでくれるなんて、
そして2人は地球一周したいとわくわくしてくれて。

それで、最近ほったらかしのブログを更新していこうと思い立ったのです。

今はピースボートという「仕事」が私の日常であり、
なんだか私のすべてになっているような気がする、今のところ。
仕事と趣味を一緒にするかしないかというハナシはよくあるけど
私の場合、仕事と趣味は一緒だと思う。
ピースボートが好きだし、この仕事も好き。

「忙しく」していて、連絡しなきゃと思うひとを頭の片隅に置いたまま、そのままにしていたり
ピースボート以外でやりたいことも、優先順位が低くなった今は、それもそのまま置き去りにしていたりする。

ブログ更新もそう。

だけど、今は、それでいいと思って体も頭も行動をしている。
今は、こうして、頭フル回転でこの仕事にぐるんぐるん身を置いていたい。

だから、ちょっと疎遠になってしまった私の大切な友達の皆さん、
なかなかあえなくなってごめんなさい。

と、こんなバーチャル世界を通じて発信すること自体ちょっと問題ありだけど、
とりあえずは書いてしまおう。

前々回のブログに書いた私の両親の地球一周は無事に終わり、
この間2人は一段と若返った表情で帰国し、船が着いた横浜の大桟橋で再会しました。
イタリアで買ったというおしゃれ帽子をかぶった二人は
船内で仲間をたくさん作っていて、涙々のお別れをしていました。

夏沙のブログ

両親が、船旅を楽しんできてくれたことは私にとって本当に本当にうれしい限り。
私がピースボートと関わり始めた7~8年前から、
いつでもピースボートと関わる私を応援してくれていたし
いつも、ピースボートと私の見方をしてくれていた2人。

いつかは乗ってほしいという私の願いは
こうして実現して
帰ってきた2人は更にピースボートファンになってくれた様子。

ありがたいな、うれしいな。
それからは絶えず旅の話を聞かせてくれましたが、
なんだかんだしているうちに、
来週にはもうタイに2ヶ月半行ってくるんだそうです。

我が家は、皆好き勝手生きているので、
家族チリチリです。(笑)

そんな私は、そういえば11月にアメリカに旅行に行ったんです。
とっさに休みをもらって、久しぶりの自由気ままな旅をしちゃいました。

その時のことも、すっごくおもしろいストーリー満載なので、また書きます♪


父・母、地球一周へ!

第71回ピースボート地球一周の船旅は
私の両親をのせて、横浜大桟橋を出航していきました。

雨かなと心配していた空も、
船の出航と同時に太陽が出て、
船がきらきらと光って
とっても感動的でした

夏沙のブログ
夏沙のブログ

私が高校生の頃から好きになって関わって来たピースボート
両親は応援してくれて
そして今度はついに、両親が地球一周の船に乗ってしまいました!!

私が好きなピースボートに、両親が乗ってくれるなんて
本当に嬉しい限りです!

船の出航は、やっぱり、やっぱり、いい。
何度見ても感動する。
この瞬間のために、毎日がんばっているんだなーって実感さえする。

両親が乗ったからよけい感動したけれど、
乗っていったひとりひとりに、地球一周するまでのそれぞれのストーリーがあって、
応援してくれる人がいて、それで実現する。

実現させた人がこうして一緒に船に乗って、
約3ヶ月をかけて地球をぐるーっと一周する。

みんなの想い
そして私も含め、この船を出すことに関わっているひとたちの想いをたくさんのせて
船はゆっくりと、ベイブリッジをくぐって見えなくなりました。

まず向かうは香港!
台風で船が揺れていないか心配でしたが、
台湾沖を通過中の船の中の両親から電話がきて、
揺れも大丈夫、楽しいよ~!!と。

よかったよかった。
大切な人が乗っている大切な船の大航海が
すばらしいものになるように祈るばかりです。

帰国は1月18日。
いつもは私が見送られるばかりだったけれど
こうして両親を見送って
大好きな海老名の実家には誰もいないけれど
帰国を楽しみに、そしてクルーズレポートも楽しみにしています!

クルーズレポート http://www.pbcruise.jp/report/71st/index.html

ちなみに・・
父のブログ http://ameblo.jp/hottatekai/
母のブログ http://ameblo.jp/hippoyamashita/


諏訪さんの話。

夏沙のブログ

私の友人の中で、最高齢の方が、諏訪さん。
諏訪さんとはもう7年くらい前からの知り合い。
そして6年前に参加した地球一周の船旅に、一緒に乗った。

92才だった諏訪さん、昨日久しぶりに電話をしたら、98才になっていた。

「諏訪さん、もう98才なんですね~!」
「そうみたいね~ まだ死なないの」
と、相変わらず笑わせてくれる。

7年前、出会った頃は、お互いにピースボートのボランティアスタッフをしていて、
船賃の割引がたまるから私も頑張って貼っていた「ポスター貼り」を
諏訪さんもやっていた。

横浜から東横線で何駅かのところに住んでいる諏訪さんは、
当時横浜にあるピースボートセンターまで歩いて通っていた。

何度か、諏訪さんの家に遊びに行ったことがある。

5年前に行ったときには、
よく「寝る前に毎日、腕立て伏せ1000回やってる」と言っていた諏訪さんだったけど
本当に、本当の本当に、私の目の前で
「見ててね」
と、目の前で腕立て伏せを1000回やってしまった。

夏沙のブログ
ダンベルも。笑 夏沙のブログ

お家では、一人でご飯もたーくさん用意して待っていてくれた。

全然関係ないけど、諏訪さんちで一番驚いたのは、諏訪さんちの冷蔵庫。

いつもピースボートセンターに、パンのみみで作ったサンドイッチを持ってきていて
私はそれを「諏訪サンド」と名付け、そしてよくその諏訪サンドをもらって食べていたんだけど
諏訪さんちの冷蔵庫には「諏訪サンド」の謎が隠されていた!

冷凍庫をあけると、なんと、
パン屋さんでもらってくるパンのみみが、「そのまま」、冷凍庫に敷き詰めていた!!
(意味わかんないですね?笑)

とにかく、
スーパー老人だ!!
と思っていたけど、全く「老人」という雰囲気がない。
いつもおもしろいことを言って皆を笑わせてくれる。

もう地球はピースボートで3周していて、
さすがに足が弱くなってきたからもう乗らないらしいけど、
電話したら変わらない声の諏訪さんで嬉しかった。

あら~久しぶりで嬉しくなっちゃった!
久しぶりに会いたくなっちゃった!
と言ってくれた諏訪さんに、近々会いに行こうかな、と思ったわけです。

ピースボートでは本当に年代も超えていろんな人と知り合ったなぁ
と、しみじみするわけですが、
そのピースボートは昨日、横浜港に帰港しまして
25日(月)には、
ついに私の両親が地球一周に旅立ちます!

いつも私を見送ってくれていた両親を今度は私が見送る番です。
そんなわけで今日は、実家の海老名に帰ってきていますー
(最初の写真は、3年前に諏訪さんちで撮ったものです!)