超格差社会アフリカより

両親の初アフリカ旅行も無事終了。

いろんなことがありまして
私もウガンダを更によく知ることができましたと思います。

ウガンダらしい・・というかウガンダならでは・・
というかウガンダ大丈夫?ということが連発の毎日で
自分がアフリカにいるんだなぁなんて今では当たり前になってしまっている
自分の状況を理解できたような気がします。

ウガンダでの生活は命がけなのです!!!

夏沙のブログ-4gatu1

これは・・・

ホテルの天井が落ちてきた!

正確に言うと、天井の模様が落ちてきた!!

頭に落ちていたら、かなりやばいかんじの重さのコンクリートのカタマリ!!
まぁ、こんなもんで驚いてはやっていけませんねー。

とはいっても、かなりびっくり仰天
バナナも台無し

あるときは
ホテルに戻ると建物すべてが停電で真っ暗で
(本来ホテルは停電でもジェネレーターで電気がある)
誰もいなくて
店員さーーーん
と叫んだら奥からパンツのまんまの男性店員が眠そうに出てきまして
ジェネレーターをつけてくれようとしてくれたのですが
ジェネレーターを回すための紐?かなんかがはずれちゃってつかなくて
一晩真っ暗。ろうそく一本で家族3人。みたいな。

シャワーの出が悪いとかお湯が出ないとか
店員の態度がどーーーしようもないとか
バスタオルだっていってるのに何度も雑巾持ってくる店員とか
壊れているものがないホテルはカンパラの超高級シェラトン級しかないのでしょうか!

というのが、ウガンダです。

そう、シェラトン。
初めてカンパラのシェラトンに足を踏み入れました。
シェラトン見学。

びっくり。衝撃。

超・超・格差社会を感じます。

シェラトンにあるものは、すべてが平行の直線。曲がったものがない!
ウガンダのいなかにいると、平行線や、直線を見つけられることはめずらしい・・
というか、ないのでは・・?

という世界。

そしてシェラトン。

まったく、この世界は、究極の格差が存在しております。

そして上にいる人たちは
底辺をみて同情するし、何か力になりたいと思って行動もするけれど
自分がすでに手にしている富は、手放したくないし、
手放さないように必死にしがみついています。

その富を知らない人々は、知るための環境も与えられないまま
自分がいる場所での幸せを最大につかもうとします
私は、もちろん、前者。

そして、私の隣にすんでいるハリエットは、後者。

そしてきっと、ハリエットの半年になる赤ちゃんも。

夏沙のブログ-4gatu3
夏沙のブログ-4gatu2

でも結局
だれが本当に幸せかなんて
答えはいつまで経ってもでないんだとおもいます。


超格差社会アフリカより」への1件のフィードバック

  1. 名村 雄一

    SECRET: 0
    PASS:
    格差社会は、日本にもあります。
    でも、人の幸せは千差万別です。
    僕の今の幸せは、母親、兄弟、彼女、友達がケガや病気がなく健康に過ごしていてくれる事。
    日本が医療でも技術が豊かだし、食べ物も豊かだからそういえるのかもしれません。
    分け与えられる社会にしたい。
    自分が何ができるのか?
    考える良い機会になりました。
    夏紗さんありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です