カテゴリー別アーカイブ: 【青年海外協力隊ウガンダ日記】

心ないNGOと心あるCBO③

(心あるCBO編)

配属先の現状というダークなブログでしたが、続きがあるんです。

ルナとはほとんどなにも進んでいないんだけど

だからといって、なんにもしてない訳じゃないんです。


来て3ヶ月頃に行ったOVCワークショップでたまたま隣だった人が、

今の私にとって、とっても重要な存在になっている。

彼の名前は、Mr.Peace!

牧師さんなので、Pastor!と呼ばれている。


彼の人生と、私と彼の関わりを紹介します。


Peace Katulege(ピース カテレゲ)通称Pastor(パスター)

1969年生まれ、現在40歳。素敵な奥さんと7人のかわいい子どもに囲まれている。

肩書きは、教会の牧師さん、大工さん、

そしてKAMCAREという小さなCBO(地域ベース団体)のコーディネーター。

パスターの家族は、日本人が聞いたらちょっとびっくりすると思う。

まず、彼の兄弟は72人!

というのは、彼の父は12人の妻がいた。その12人の妻の間に72人の子どもを作ったのです。そう、一夫多妻という文化が少なからず残っているウガンダならでは。


そして更に驚くのが、72人の兄弟のうち、53人が既に亡くなっています。

彼のお父さんも、彼が小さかった頃に交通事故で亡くなりました。


パスターの本当の兄弟(お母さんが一緒の兄弟)は10人いました。

一番上のお兄さんは小さい頃亡くなりました

二番目のお兄さんは、現在AIDSを発症しています。奥さんは既にAIDSで亡くなっています

三番目のお兄さんは子どもを3人残して奥さん共にAIDSで亡くなりました

四番目のお兄さんも、AIDSで亡くなりました。7人いた子どもは全員亡くなりました

五番目のお兄さんは自殺したそうです。

六番目がパスターです。

七番目の弟もAIDSで亡くなりました

八番目の妹は夫からHIVに感染し、AIDSで苦しんでいます。夫とは離婚して4人の子どもが残っています

九番目の弟は、遠くで元気に生きています。

十番目の妹は、小さい頃にマラリアで亡くなりました。

 ・・

というのが彼の兄弟の話。

信じられないような話だけれど、信じる以外ないみたい。

以前、彼の実家に連れて行ってもらったときに

家の後ろの庭にたくさんのお墓があって

「これが、お父さん。これが、二番目のお兄さん。これが、弟、これが・・・・」

と説明されたことがある。


パスターの奥さんは一人で、

(現在は教育をちゃんと受けている人は一夫多妻制を批判しています)

5人の子どもがいる。

3才のDeborah、5才のGift、8才のRebecca、10才のMuwanguzi、13才のHarvest。

みんな、めちゃくちゃ、かわいい。


それから、親戚の孤児(10才のDiana, 15才のJoseph)を預かっているから、

7人の子どもがいる。


ウガンダは、家族や親戚のつながりがとっても強い。

だからさっき紹介したパスターの兄弟に残されて孤児となってしまった子どもたちや

病気の兄弟、年取ったお母さん、そしてさらにはお父さんの他の奥さんの間に出来た兄弟72人のうち、既に亡くなっている53人が残していった子どもたち・・・全部で92人の孤児(両親、片親を亡くした子ども)が親戚にいるわけで、健康なパスターは彼らを少なからず面倒を見ているという。

ウガンダでHIV感染率が爆発的な感染流行した時期が、まさにパスター一家を襲っている。

1991年にはウガンダの農村を中心に感染率は30%を超えている。


それでも、ここまでぼろぼろになった家族は珍しいのでは?と聞くと、

家族に何かの悪い魔法がかけられた・・・と彼自身言っているくらい。

そんなパスターは、なんとか必死に学校を卒業して

大学後はケニアに留学したり、大工さんになるためにテクニカルスクールに通ったりと

かなり優秀に育ったのでした。

家族がこんな目にあっているから

本当に心の痛みを分かる人だと思う。


それで彼は、自分でHIV/AIDS予防と孤児・家族を支えるためのCBOを立ち上げた。

Kamuli HIV/AIDS prevention and Family care project. KAMCARE)


④につづく(長くてすいません!)



心ないNGOと心あるCBO④


(心あるCBO編 つづき)


私は今、配属先以外の活動として、このKAMCAREと関わっている。

配属先であるルナとは対照的。


KAMCAREは、今までにファンドをもらったことがない。

メンバーは、彼の教会メンバーがボランティアで関わっている。

お金は、彼が自分で出していたり、教会メンバーから集まったほんの少しのお金をなんとかやりくりして、小さな活動を続けている。


本当にお金がないから、

村を巡回して支援している家に行っても、石けんや砂糖を買っていってあげたり

HIV陽性者や未亡人、孤児を抱える家の人たちの話を聞いてあげたり。


私は、一緒に家を回ることで何が出来るのかまだわからなくて、

ただ一緒に回っているだけなんだけれど

そうすると、病気で寝込んでいるのにお金が無くて病院にいけない人と出会ったり

孤児だけで住んでいる子どもが、本当に貧しい生活をしていたりする。


もしも私が

JICAからもらっているたくさんのお金の中からほんの少し分けてあげたとして

その私にとってはほんの少しのお金だけで、

病院に行けたり、蚊帳を買えたり、するはず。


でも、それでいいのか、わからなくて、まだ私は何も出来ていない。


村に行くとすごく歓迎されるけど、

きっとそれは、外国人=お金持ち=なにかくれるかも。 だと思う。

私がお金を払えば、その場しのぎは出来るけれど根本的な部分は何も変わらないまま。

そんな中、パスターが教会のメンバーと建てた小さい小学校に行く機会があった。


パスターが、自分の生まれた村で

エイズ孤児になってしまった子ども達や、

エイズや様々な影響を受けた子ども達のために建てた学校だ。

その小学校は、生徒が80人、先生4人。(常に全員いるわけではない。)

学校の校舎は、泥で造ってあって、いつ壊れてもおかしくないようなぼろぼろの校舎。

入りきらない生徒は、外の木の下で勉強している。



夏沙のブログ-がっこう

緑に囲まれたこの小学校の生徒は、みんなすっごくかわいくて

真っ直ぐな、いい顔してる!


個人的には、木の下で授業なんてかわいい!

なーんて思うけど、

実際この学校の現状は、先生にもほぼ給料が支払われていなくて

生徒の給食は、トウモロコシの粉をどろどろに溶かした飲み物だけ。


超・貧乏学校!


それでもこの小学校がその村にあることの意味は大きい。

ウガンダは、初等教育完全無料!ということになっているけれど

それでも貧しさ、いろんな理由で、学校に通えない子どもがいる。

政府の学校に通うには、無料とはいっても

制服、給食費、ノートやえんぴつなどを揃えなくてはいけなくて、

親がそれすら払えない子どもは、学校に通っていないことが多い。


政府の学校には問題が山積みのようだ。

先生が授業をサボる、体罰、教育レベルの低さ、クラスに生徒を詰め込みすぎ・・等。


パスターの小学校は、

制服が買えなくても、大丈夫。どんな服を着てきてもいい。

先生の不足はあるが、少人数で政府の学校よりは教育レベルが高い(と言ってる。)

授業料が払えなくても、学校を辞めさせられることはない。

パスターは、いろいろな未来への展望を持っている人だ。

その内容を聞かせてもらうと

・教会(自分で建てた)をもっと丈夫な作りにしたい。

・家の裏に貸家を作って、お金をつくりたい。

・小学校を大きくして、もっとたくさんの子どもを学校に通わせたい。

・いつかはパソコンを事務所に置いて、データをパソコンで管理したい。

 と。


そこでわたしは、あのステキな小学校を大きくするためのお手伝いがしたい。

と思って

校舎を増築するための資金協力を日本の団体に要請するための

プロポーサルは、年を越す前に書いて、提出したところ。


うまくいけば、約30万円のドネーションで、新しい校舎を建てられる。


それだけじゃ、まだまだ問題山積みだけれど、

地域の人やパスターにとって、この進展が大きな意味を持つことは確かだと思う。


新しい校舎が建てば、村でまだ小学校に通えていない子ども達のうち、

約60人くらいが新たに通えることが出来る。


それで

今月から始まった学校で

私はボランティアの先生を始めた。

英語とか算数とかを教えることに。まだまだ始まったばかりだけれど、

子ども達のレベルは、かなり低いことはわかる。


それから、ここの先生は、地域コミュニティーに対してもいろいろ小さな活動を広げているんだ。

ちっぽけな私がいきなり小学校の先生になっちゃって

どんなお手伝いができるかなんてわかんないけど


それでもとりあえず必要としてくれる場所にいられることは

私にとってもすごくポジティブだ。


こんなかんじで、少しずつだけれど動いています。



やっと。

配属先のことが書けました。

この文章も、2ヶ月以上前から書いてあったんだけど

なかなか載せるタイミングがなかったんだ


また、報告します。


夏沙のブログ-パスター


(2)不満期 ~人間何があるか分かりません~

ネガティブなブログを書いていたら途中で消えてしまった。
やっぱりネガティブはだめだ!
ネガティブの原因は、水が止まっていて、さらに暑くて
そしてさらに、トタン屋根の上に巨大鳥が飛び降りてきてものすごい音と足音を私の頭上で鳴らしたこと。

そんなちっぽけな原因で、このウガンダ国にたいしてのストレスがふつふつと沸き上がった!!!

来る前の二本松での訓練中に受けた講義の中で
「ストレスとメンタルヘルス」というのがあった。
その時の紙を見ると、(よく見てる。笑)
「海外生活でのストレス」
1)移住期
2)不満期
3)不完全適応期
4)適応期
5)望郷期

とな。

これはまさに、 2)不満期 ではないか!?
と思ってもんもんとしていると、鳥がまた来た!!
ズゴンズゴン!と屋根で暴れてるーー爆弾だーーーーと、正体を確かめるべく外にでると

でた。
コイツが・・・・でかい。

夏沙のブログ-とり2

カンパラでよく見かけるハゲコウっていう巨大気持ち悪鳥なんだけど
なんてうちの屋根にいるんですか?と思いました。

というか、屋根がアルミ製か何かの薄いの一枚だから、
鳥も雨も、落ちてくるモノがものすごい音を作るんだ。

で、写真を撮ってると、お隣さんに笑われ、
部屋に戻って数分後、お隣さんのとこの中学生くらいの妹が、
「なつさ、鳥またきたよ、写真とれるよ!」とわざわざ伝えに来てくれた。

しょうがないから、もう一度撮影。

夏沙のブログ-とり1

そんなことしてるうちに、同僚のポールが来た。
ポールの顔は、一見ごつくて何をたくらんでるのか分からない怪しさを醸し出しているから
>私が、ポールを本当に信頼できるようになるまで2ヶ月はかかった
ポールと話してるうちに、
「水がないのー」
「井戸行ったの?」
「井戸は行ったこと無いんだ。」

そう、私、ウガンダにいながら、井戸使ったことがなかった。
井戸はちょっと遠いし、子ども達が群がってるから、
いつも近くの家の水道に行って水を汲んでた。

でも停電の時は、水道も止まるから、水の使い方に頭を使う。
全部使い切らないように、洗濯する前は水汲んでから!とか、自分なりに工夫してた。

でも、今回は停電じゃないのに水が出ない。で、ポールが
「井戸までエスコートするよ!」と。

それでウガンダ半年目にして初井戸体験!
頑張って井戸から水くみ上げるためにレバーを押してると
周りのウガンダ人に「ムズング(白人)が水汲んでるー!」とおもしろがられ。
で、重いお水の入ったジェリカン(タンク)をポールが一つ持ってくれて家に戻ったのです。

そんなこんなで、不満期を今日は乗り切りまして
ポジティブマインドに切り替わりました。

ウガンダの嫌なところもいいところも、いろんな意味でよく見えてきた。
半年が経ったもんね。

さっきは、ウガンダの嫌なところをばーーって書いてしまったブログだったけど、
消えて良かった。
自分の心に余裕がないときは、自分で更にストレスを作ってる。
だから、ウガンダのせいじゃないんだ。って、わかってる。
自分の心に余裕がないときに
鳥が屋根に飛び降りてきたり
暑かったり
こんなの日本の人が聞いたら笑っちゃうような原因なんだけどさ
そんなウガンダに対して はぁーー、とため息ついても
そんな私をまたポジティブにしてくれるのはやっぱりウガンダで。

子ども達が無邪気に走り回ってたり
牛がのんびりあるいてたり
ポールや気の知れた友達と話したり
そんなもんだよね。

そうそうそれより。そんな鳥のことより。
最近、私の周りは結婚ブームか!?
私は23才で、同世代で結婚した友達は希だけれど
私は幸せなことに、周りには年上の素敵な人生を歩んでる人たちがけっこういる。
その人たちが結婚していくんだ。

今日一番びっくり速報が。>去年の夏から世界一周の旅に一人で出かけている、
うらやましいくらいに自由でかっこいい生き方をしている
私よりかなり年上なのにきれいでスタイルも抜群の、
大好きなお姉さん的存在の友達がいる。
(ほめすぎか!?笑 でも、本当なんだもん!)

私がウガンダに来る前に一緒にご飯を食べた時にいろいろ話をして
旅の途中でウガンダに寄るから、再会しようね!と言って別れたのだけれど
一向に連絡がないから心配していたら

やっとメールがかえってきた。
すると、今は日本にいるらしい。

ポルトガルで、南アフリカ人と恋に落ちて、スペインの田舎で暮らしていた。
とな。ビザが切れて日本に帰ったら、おなかに赤ちゃんがいることが分かったらしく、
アフリカには来れなかったけど急展開で今回は会えなくなっちゃったけど、なんだか私、凄く感動しちゃった。
彼女と、彼女の人生に私はすごく魅力を感じてたから、なんだか嬉しくて。
私はアメリカ人とウガンダまで来たのに別れてしまったし
人生何があるかほんと分からない!ね!!

ちなみに今読んでる本は、沈まぬ太陽 御巣鷹山編 山崎豊子。

人間、本当、何があるか、分からん。
とりあえず、生きて、元気で、いれば、と思うけど
まーそれだけでうまくいく社会じゃないのでね。


お雑煮 VS セセ諸島

ブログを書いて良かったと思うのは、
たまにね、思いがけない人からコメントやメールをもらったとき。

今日は保育園の園長さんからあったかい言葉が届いていた。
私が子どもの時に通ったつちのこ保育園とのつながりは、
今になっても大切で保育園の先生方とも未だに繋がっていられること。

ありがたくてあったかい。

同じ学年にはたったの7人しかいなかったから今でも兄弟みたいに繋がってる大切な仲間。
ブログって、インターネットに公開だからどこまで書いて良いのか・・・と思う。
だけど私の場合、けっこうストレートにそのまま何でも書いちゃってて
けどこうして誰かが見てくれてあー夏沙こんな生活してるんだって思ってくれればいい。

そう。
あけましておめでとうございます!

全く。こんなにこの言葉が似合わない正月は初めてです!
どーしようもない!

普通にお餅食べてみかんたべて実家でだらだらしたいよ、お正月だもん。
日本の正月が恋しい!

2008年最後の晩餐は、またしても、マトケ。
(でもちょっと豪華なウガンダ料理だったからOK.)

そして2009年最初の朝食は、またしても、ウガンダ朝食。
お節とかお雑煮とか食べたかった。
年越しはセセ諸島に行きました

夏沙のブログ-せせ5

船はやっぱりウガンダ流詰め込み式。

人も車も乗せすぎです。
でも三時間。
ばばぬき。

夏沙のブログ-せせ7

ババを抜く、ウガンダ人。笑

6:00pm
日本時間に合わせて
カウントダウン!

夏沙のブログ-せせ1

2008年最後の夕日は
とってもきれいだったよ

夏沙のブログ-せせ2 
 
夏沙のブログ-せせ3 

ちゃんと、年越しそばも食べまして

夏沙のブログ-せせ4

元旦は
自転車に乗って島を一周!
暑かった。

夏沙のブログ-せせ6

こんな感じの年末年始。
毎年必ず行く豊受神社の初詣もお預け。

紅白も、見たかったな。
親戚や家族に会いたかったな。

従兄弟のゆうきちゃんの2人目の赤ちゃんが産まれたの
おめでとう!

2009年。

今年最初の名言!
「自分で限界を決めてしまったら、そこから先はないよ!」byちからさん
身に染みました。

今年もどうぞよろしくお願いします。
幸せでありますように。
幸せが広がりますように。

2009年1月3日。 山下夏沙


Africa×Christmas

去年のクリスマスは
実家で、両親と、私の友達と兄の友達と、
うちのリビングが満員になるくらいの人が来てパーティーした。

2年前のクリスマスは
沖縄にいて、ゆりのお家で、北海道に帰ってしまったジャズから届いた巨大カニ鍋をした!

夏沙のブログ-クリスマス3

3年前のクリスマスは
バイト先のカフェの立派なオーブンで、内緒でクッキーとか焼いて
バイト帰りにバイト仲間ののじと地元のバーに寄ってから帰ったら兄ちゃんが焼き肉してたっけ。

4年前のクリスマスは
ピースボートでチリを出航した後。
イースター島に向かう船の上で盛大なイベント!
夏沙のブログ-クリスマス1

5年前のクリスマスは
ピースボート44th出航の為に、お客さんの荷物を気合い系で積み込む作業をしてたなぁ。
そして大切な友達を乗せた船が出航して感動した!

夏沙のブログ-クリスマス2

6年前のクリスマスは
アメリカで生活していて
コロラドの山の中の素敵なお家で
本物のクリスマスツリーとすごいご馳走と、たくさんのプレゼントに囲まれてた。

7年前のクリスマスは
初めてのバイト先、地元のケーキ屋さんで忙しく働いてたっけ。
バイト後に、相模川に友達と言った気がする。

その前は、もう、覚えてないや。

そして今年のクリスマスは
ウガンダ人の普通のクリスマスに混ぜてもらった。

いままで過ごしてきたクリスマスのその時も、
今日みたいにウガンダのここの人たちは、こんなクリスマスを過ぎしていたのかーと、
今までは想像しようともしなかったアフリカの赤道直下のクリスマス。

クリスマス、別にクリスチャンでもない私には関係ないけれど
世界中のたくさんの人たちが
この日に思いを込めて、家族で集まって、大切に過ごしているんだと思うと
すごく素敵な日だと思ったんだ。

ウガンダの人たちも、田舎に帰って、家族が集まって過ごす。
ケーキやクリスマスツリーやプレゼントや、そんな贅沢なモノはないけれど、
家族でご飯を食べてのんびりその日を過ごす。

私は、今一緒に活動している団体の人のお家にいたんだけど、
その団体がサポートしている村の家族を回った。
そのなかのひとつの家族は、未亡人の女性(おばあちゃん)と、孤児(孫)が住んでいて
私たちが来ると、その未亡人のおばちゃんは ものすごい笑顔で走り寄ってきた。

両親をエイズで亡くした孤児の女の子に
アメリカ人の支援者ができたんだ、って
それですごく喜んでた。
女の子は、アメリカ人と一緒に写っている写真を大事そうに持ってきて見せてくれて
学校に行くためのお金をこれから払ってもらえるんだ、って嬉しそうに話してくれた。

夏沙のブログ-クリスマス5

帰り際に、おばちゃんが、飼っているニワトリの卵を5つ、くれた。

夏沙のブログ-クリスマス

こーんなクリスマスを過ごしている人たちがいることを想像したこともなかった。
だって、これ!

夏沙のブログ-クリスマス4

マトケクリスマス!バナナです
バナナばっかりしかも大量。
多分、ウガンダ人のほぼ全員が、マトケ、米、芋、肉をクリスマスに食べていたんだと思う。
回った家の人たちも、同じメニュー!
というかウガンダ、クリスマスに限らずいつでも同じメニュー。

そしてものすごい山盛りのご飯を食べていたときに、
日本の家族から電話がかかってきて
今年も、たくさんの人が家に集まってパーティーをしたなんて話を聞いて、

去年は何してたんだっけ、その前は・・・と思いを巡らせていくうちに

毎年過ごしてきたクリスマスのその時に、
ウガンダの人たちがこんな風にマトケを食べて過ごしているクリスマスがあることなんて
まさか想像もしなかったよね

でも、これからはきっと、クリスマスになると
あーウガンダの人たちはまたマトケを食べているんだろうなって
毎年想像するんだろうな、
なんて思ったら、

世界中のまだまだ全然知らない国の人たちに、
私には想像ができないクリスマスの場面がたくさんあって
それに出会ってみたいという想いもあるけれど
世界中のクリスマスを毎年1カ国訪れてたら、人生あっというまだなって思ったから、

やっぱり自分の国で、
あー今日もウガンダ人はマトケを食べてるんだろうなって
想いながら過ごすクリスマスを過ごせればいいやー
と思ったのでした。

次はお正月か!

日本の正月の空気を味わえないのは残念ですが
ウガンダらしいお正月を楽しもうと思います。

良いお年を!