一年中夏なウガンダから日本の夏を想う

任地に来て早1ヶ月。
ウガンダに来てもうすぐ2ヶ月。

ウガンダでの生活も少しずつだけれど、体に染みついていくのがわかる。
はじめは抵抗のあった「主食がバナナ」な生活も、今ではけっこういけるようになってきた。
「主食」になりえるまでもうちょい!

バナナ

あんなに嫌だったゴキブリとの共同トイレも、全然大丈夫になってしまったよ!
人間、慣れるんですねー
毎日ゴキブリボットンを繰り返してれば、慣れるんです!
ゴキブリとの距離30センチでもトイレに入れるようになるんです!

それから、シャワーね。
日本で清潔な生活を送ってるみんなが読むから書くのは恥ずかしいけれど!
もうね。何日かシャワーしなくたって大丈夫、髪の毛も3日くらい洗わなくてOK!
ってなってしまうんですよ。
夏沙汚い!
って言わないで!
ウガンダ隊の仲間共通だから!!(多分。笑)

青空シャワー
(青空の下体をきれいにしまーす)

そうそう赴任2週間目くらいに、熱が出た。
もちろん、即マラリアを疑った。
ここ、マラリア汚染地域では近所の人は熱が出るとマラリアと言っている。
だから私もマラリア!!!?と思ったね
でも一日で熱は下がり、それ以外はかなり健康体な私なので心配しないでねお母さん!
アフリカに来る隊員は体で選ばれる!と同期の仲間が言っていました。
まさに、体は強いです。歯は弱い。笑

最近の週末は、ここから1時間半くらいのところにある街、Jinjaに行くのが楽しみ。
Jinjaは大きい街で、旅行客も来るから外国料理やおしゃれなカフェも少しある。
同期のタロウさんのお家は、ホットシャワー付きの一軒家!
キッチンも水洗トイレもソファーもある!
だから、タロウさんちで髪もきれいに洗って同期が集まってご飯作ったり
中華料理食べに行ったりする。

しかもJinjaはナイル川の源流、緑と湖のとってもきれいな街なの
この街にいやされて、また任地に戻る、という生活が定着しつつある。

とは言っても、先週は、首都カンパラに上がっていたのです!!
カンパラ~都会だよぉ~
カンパラ~なんでもあるよぉ~
カンパラ~おいしいご飯が待ってるよ~
カンパラ~洗濯機が脱水してくれるよぉ~
中華、インド、韓国、日本、エチオピア、イタリア・・・・
おしいい料理をたくさん食べて
もうバナナでも大丈夫!と思えるまでたっぷり充電したのです

カジノ行ったりBBQしたり水たばこしに行ったり・・・
一応国際協力って言って税金で来てる身としては後ろめたいような気もしながら
都会のカンパラを満喫してしまいました。

エチオピアン

そうそう、カンパラね、別に遊びに行ったんじゃないよ
お米の研修でした
ネリカ米というお米をご存じでしょうか。
New Rice for Africa (NERICA)

nerica

 

 

 

 

 

 

 

 

収量の多いアジアのお米と
病気や乾燥に強いアフリカのお米を掛け合わせたお米のこと。
お米と言ったら田んぼの水の中で育つけど
ネリカは、畑で育つ陸稲品種。
水がたくさん必要な水稲品種よりも断然簡単に育つ。

ウガンダには、そのネリカ米の研究所があって、坪井さんという専門家の方が
研究をしてウガンダ、アフリカにネリカを広めているのです。
アフリカでお米の需要は増えているけれどそれを輸入に頼っている。
そこで坪井さんや協力隊員がネリカ米を広めて、農民の収入向上を目指す、という訳です。

それで坪井さんの研究所にて3日間の研修を受けて「ネリカ三級」をゲットしたのでした。

もちろんネリカの話は勉強になったけど、それ以上にね坪井さんとの出会いが大きかった。

坪井さん

 

 

 

 

 

 

 

日本で、新聞の記事として乗っていた坪井さんを目にしたことがあった。
世界の坪井、ミスターネリカと言われているそんな坪井さんが
学生時代にインドに行った話や自転車でバンコクからシンガまで旅した話をしてくれて、なんだか自分のお父さんのような雰囲気で私の
「ウガンダ2年」に対するモチベーションを確実に上げてくれた。

自分は本当に幸せだ。
やりたいことを仕事にして生きてこれたから。
と自信を持って言う彼を、心からすてきな人間だと思った。

そう、そんなカンパラ。
マラウィとザンビアからも隊員が研修に来ていて
彼らがウガンダを見る目を観察していたら
ウガンダがとっても良い国なのかもな、って思い直したりもした。

カムリ(任地)に戻ってきたけれど
当分はマトケ(バナナ)やポショ(ケニアでいう、ウガリ)もいけるなーー
と充電完了したのでした。

日本は真夏ですねー
1年で私の一番好きな季節。
ウガンダは願わなくたって年中夏だけど、
やっぱり冬があって春が来て夏が来るからこそ、夏が好きなんだな
と、日本の夏を想う。

花火にスイカに夏休み!!
あ、大学卒業したからみんなもう夏休みはないんだっけ。

お仕事頑張ってください。
私もウガンダでがんばります。
では。


23才ありがとうそしてワイルド生活は続く

任地について3日目の昨日7月16日は私の23歳の誕生日でした!
祝って!!

にしても・・・任地についてすぐなんて、友達もいないし知り合い全然いないし
誰も祝ってくれないだろうな、と想像してたけどまさに誕生日か忘れるような日でした

でもでも、誕生日の日には停電でネットできなかったけど
今ミクシ―開いたら、ちゃんと覚えてくれてメッセージくれた皆様。
Eメールくれたみんなぁ
ありがとう!嬉しかった

ネット環境が遅いので返信できないけど、心からありがとう!

任地はね、首都から4時間くらいの場所にあるカムリというところ。
ルナっていう地域NGOに配属なんだけど、
ルナの事務所の裏に私の家があります。
この字型のつながった集合住宅?みたいなので、
NGOの秘書さんとかほかに3つくらいに人が住んでる。

私の部屋は、気を遣って2つの部屋をぶち抜いてくれてちゃんと壁も白く塗ってくれた
いちおうきれいな部屋。
床はコンクリートのままだけど。
ベットはおおきなのをおいてくれて、でもベットマットは自分で買った。

日本で想像するNGOのイメージとは全く違って
ルナの人たちは、ここ4日間別に働いてない。
なんでだろう?と思って聞いてみると、
次のドネーションがくるまではやることがないらしい・・・

にしても・・・
朝ご飯作って、昼ご飯作って、夜ご飯作って、夜が来る、
みたいな。

この字型の真ん中のスペースで、秘書さんたちがご飯を作ってくれて私にもくれます。

でも、ウガンダ料理はレパートリーも少なく、芋とかバナナとかばっかり~
まだバナナが主食になるには努力が必要です。
ここでの生活が始まったわけですが。
もうすでに、うう・・・って思うことが多々・・・
まず、料理してくれるのはありがたいけど
衛生環境やばいでしょそれ!ってつっこみたいけど
それが彼らのやり方で、水も限られてる中しょーがない、慣れるしかない、
と思うしかないわけですねー

夜、寝る前にトイレにいくでしょ、
まじ、ここが一番の勝負!

トイレは外の共同トイレもちろんボットン。
そこに懐中電灯もっていくわけです。
はい、ゴキちゃんいっぱいーーーー
まじ、無理!!!!
そんな狭い空間にゴキブリ6匹対私って、
やばすぎやばすぎむりむりしかもゴキブリでかいから!

初日。
トイレの前でたたずんでると、秘書さんにどうしたの?と言われて「ごきぶりがぁ・・・」
と言うと、秘書さんの姪の9歳の女の子がほうきを持って勇敢に、
ボットンの中にゴキブリ全部落としてくれました。
まじ、かっこよかった。
そしてボットンの中からゴキがはい上がってくるんじゃないかビクビクしながら
トイレをすませ、これから二年間、
私は夜ゴキと戦わなければならないのかと思うと気が遠くなりました。

でも、人生、いつかはゴキと向き合わなければならない時がくるのだ、と言い聞かせ、
頑張るしかないと思うしかないけどやっぱけっこうきっついけどしゃーないわな~
という感じで23歳が始まりました。はぁ。

それから、シャワー。
これもまた、外の共同バス室がありまして、くんできた水を桶に入れて
青空の下、冷たい水で体を洗うわけです。
(お湯わかせば暖かいのでできるけど、わかしてない。)

しかも、マラリア発生地域なために、蚊の発生する夕方~朝方にかけては裸で外にいるなんで
マジでやばそうなので、水浴びは昼間にしています。
でも、限られた水で、このパーマかかった多い髪を洗うのは至難の業です。
(出発前にパーマかけた♪)
坊主にしたくなります。しないけど。

電気は・・あります。
でも初日から停電だった。
初っぱなからキャンドルナイトでした。
でも、町中停電しててキャンドルやランプや限られた明かりで過ごすのはけっこう楽しかった。
いや~電気と水道、両方有ればいいけど、
どっちかって言われたら、家の中に水道と流しが欲しい。
電気よりも!!!
電気ないひとは、電気が欲しいって言うのかなぁ。

日本にいる皆さん、
家の中で蛇口をひねれば飲み水が出てきて、
それを受け流してくれる洗面所というのがあることは本当に幸せなことですよ!!!
と・・・今、わかりました。
二年後まで、お預けです。
というかんじかな~~~
どうなるのでしょうか私の2年間!

いいことたくさんありますように。
あ、最近は、朝起きたときにポジティブ体操をしています。
ただ、朝起きてすぐに頭の中でポジティブなことばっかり3分くらい考えるだけ。
それでこの生活をポジティブに保てるように頑張ります。

では、みなさん、ごきげんよう。


明日任地に行きます

朝9時にインターネットカフェに来ました。
9時にオープンのはずです。10:30にやっと店員が来ました。
ピスタチオクッキーを買いました。透明の袋に15個ぐらい入っていました。
一番の右側と一番左側のクッキーにはピスタチオが2つずつ入っていました
でも中の、側面が見えないクッキーは、ただのバタークッキーでした。
乗り合いタクシーすら、うそをついて客を違う停留所に連れて行きます
・・・・・・

ちょっと、ウガンダ!!!
と思うようなことが連発です。

そんなウガンダ3週間目。
明日からは任地のカムリというところに引っ越します!

やっと、自分がこれから2年間住む家とご対面です。

水道、トイレ、は外にあります。
もちろんガスはありません。
かろうじて電気は来るみたいです。
床は土のままらしいです。やねも、そのまんま天井なしの屋根らしいです。
でも、これからそれだけ自分で住みごこ地のいいお家を作れるか
楽しみでもあります!!

どんな生活になるかなーーー
とりあえず、日本じゃありえない生活が待ってるから
ネタが沢山できそうです!では!


ワイルド報告

ウガンダの先輩隊員が熱が出てて
目の前でマラリアキットに血を垂らすと力強く3本線が出てマラリアを知らせました。

朝、パンを2つ出して一つ目が食べ終わったときにかびてるパンを食べていたことに気づきました。

隣の人は、緑茶がすっぱいと言ってました。

ホームステイしましたらチキン丸ごと買ってこられて、
これで日本食を作ってくれと言われました。キャンプかと思いました。

家に電気と水道がないのは当たり前らしいです。

ウガンダ料理は、ぶっちゃけ微妙です。
老人食かな?と思いました。バナナが主食です。

1年後にはきっと日常であるであろう日々がまだ新鮮で
心の中で笑ってしまうような出来事が多発していますウガンダ。

ホームステイ

カンパラ生活もあと一週間です。来週からは更にワイルドにディープアフリカ報告ができるかな・・・


到着ウガンダ!


kampala2

ウガンダについたよーー!
もう3日目だよーーー!

長旅でした本当に!実家の海老名を出てから1日半くらいかかった。
遠かった。

関空からドバイまでの飛行機でアフリカ人の女の子が日本人に囲まれていて
ドバイに着いたら地球上の人種が一気に混ざり合って
エチオピア経由ウガンダ行きの飛行機に乗ってウガンダについたら
今度は私が外国人で黒い肌の人たちに囲まれてた。

でも自由なバックパッカーの旅とは違う。
JICAのスタッフが迎えに来ててカンパラのJICA隊員のドミトリーについたら
ほかの隊員の人たちが迎えてくれて
先輩隊員に連れられながらインド料理を食べたのが
初日の夜。疲れすぎてふらふらしてた夜でした。

ドミトリーはまだ日本で
先輩隊員たちにとってはここが居心地の良い日本に戻れる場所みたいな
感じなのかな?

私にとっては、まだ日本にいる感じもする。

でも、外に出ればウガンダ!!
そう、ウガンダ!
とってもきれい!!

まだ3日しかたっていないけど、
ウガンダの第一印象は良いです。

長旅飛行機で疲れ切ってた体も、
飛行機の上からビクトリア湖が見えてウガンダの大地に降り立ったときは
すごく感動した。

ちっちゃな国際空港で、
飛行機から階段で降りてすぐにウガンダの空気をめいいっぱい吸えた。
力強い太陽が気持ちよくって、
ピースボートの旅でアフリカの大地からたくさんのパワーをもらったことを思い出した。

次の日は、外務省への表敬訪問とオリエンテーションであっという間に過ぎて
今日が来て
今日は土曜日だからフリー。

ドミトリーの近くのアイリッシュパブで自分のPCが無線ラン!ラン!
ウガンダ・・・意外にやるじゃないか!
とおもいきや。すんごい遅い。
まぁいいっか。ぽれぽれね。

明日も休み。街をのんびーり歩きたい!
7月14日まではカンパラ生活なのでネットもできそうです

kampala1

その後は・・・電気あるかなぁ・・・なさそう!
水道ある人は少数派とか・・・
けど!なんか!大丈夫そうだ!!