HIDEAWAY

夏沙のブログ
http://greglunger.com/want-to-live-in-a-treehouse/
-------------------------------------------------------—

アンジーというカフェが今でもイチバン好きだけど
もうひとつお気に入りカフェを見つけた。
原宿にある、HIDEAWAYというお店。

このお店のひとつひとつが好き。

夏沙のブログ

看板も、階段も、ドアも、テーブルも、おいてある物も、おいてある本もセンスも、
このカフェに流れる空気も。
そしてなんといってもこのお店、ツリーハウス!!

一本のヒマラヤスギがこのお店を貫いている。
テーブルの下から木が突き抜けて、そして天井へと抜けている。
風がある日は木がミシミシと揺れて、
目の前にある木の幹の揺れと同時に、テーブルもかすかに揺れる。

夏沙のブログ

心地よい空気が流れる。
私が持つ空気と波長がぴったり合ったんだと思う。
昔、私の父が木を一本一本切って
山小屋を作ったように
このカフェを作った人の夢が伝わってくる。

夏沙のブログ

私はカフェで一人で文章を書いたり、本を読んだり、考え事をしたり
そういった時間が好きで
いつもステキなカフェをさがしている。

本当に心から好きだなと思ったカフェは、ここで3つ目。
常に、夢を追って生きていたいと思う。
自分の日常は日常として自分を次の日へ次の日へと運んでいくけれど、
カフェでの時間は、
日常から少し、自分の体を心を離して
本来心のそこから湧き上がる感情と向き合う時間。

このカフェのオーナーは、小林崇さんという。
彼はなんと、「ツリーハウスクリエイター」だ、と。

好きなことを仕事にした人だ。
小学校のとき、数人で秘密基地作りをしていた時代を思い出す。
木に登るのもすきだった。

兄が、木の上に基地を造っているのを見て、あこがれた。
人は大人になると夢を「夢」として捉えはじめるけど、
私は、子どもの頃から、そんな大人の世界では生きたくないと思っていた。

幸い私の周りには、夢を実現させ、更なる夢を追い続ける大人がいるし、
そんな出会いに恵まれている。
父にツリーハウスの話をしたら
「今度ツリーハウス作ろうか!」と言われた。
本当に作っちゃいそうで、笑ってしまった。

子どもの心を忘れない大人になろう。
そう思っていた子ども心、
私も忘れずにいよう。

夏沙のブログ


趣味と仕事は一緒がいい!

夏沙のブログ
ピースボート71回クルーズレポート

最近は、ブログほったらかし!
でも今日、こうして発信しようと思ったのは、昨日の出来事から。

昨日、ピースボートのボランティアスタッフ説明会に来てくれた方々の中に
2人の学生さんがいました。

説明会の始めに、それぞれ少し自己紹介をしてもらうんだけど、
「夏沙さんのブログを読んで、ピースボートに興味を持って説明会に来ました」
と。

ひとりが私のブログを発見し、もう一人の子に私のブログを紹介してくれたそう。
それで2人で説明会に来てくれた。
実際に本人である私が説明会をしたんだから、2人はびっくりしていたけど。
なんか、すごいね!

単純に、インターネットという存在の偉大さを感じたのもあるけど、
私がこうして書いたものを読んで、心動いて説明会まで足を運んでくれるなんて、
そして2人は地球一周したいとわくわくしてくれて。

それで、最近ほったらかしのブログを更新していこうと思い立ったのです。

今はピースボートという「仕事」が私の日常であり、
なんだか私のすべてになっているような気がする、今のところ。
仕事と趣味を一緒にするかしないかというハナシはよくあるけど
私の場合、仕事と趣味は一緒だと思う。
ピースボートが好きだし、この仕事も好き。

「忙しく」していて、連絡しなきゃと思うひとを頭の片隅に置いたまま、そのままにしていたり
ピースボート以外でやりたいことも、優先順位が低くなった今は、それもそのまま置き去りにしていたりする。

ブログ更新もそう。

だけど、今は、それでいいと思って体も頭も行動をしている。
今は、こうして、頭フル回転でこの仕事にぐるんぐるん身を置いていたい。

だから、ちょっと疎遠になってしまった私の大切な友達の皆さん、
なかなかあえなくなってごめんなさい。

と、こんなバーチャル世界を通じて発信すること自体ちょっと問題ありだけど、
とりあえずは書いてしまおう。

前々回のブログに書いた私の両親の地球一周は無事に終わり、
この間2人は一段と若返った表情で帰国し、船が着いた横浜の大桟橋で再会しました。
イタリアで買ったというおしゃれ帽子をかぶった二人は
船内で仲間をたくさん作っていて、涙々のお別れをしていました。

夏沙のブログ

両親が、船旅を楽しんできてくれたことは私にとって本当に本当にうれしい限り。
私がピースボートと関わり始めた7~8年前から、
いつでもピースボートと関わる私を応援してくれていたし
いつも、ピースボートと私の見方をしてくれていた2人。

いつかは乗ってほしいという私の願いは
こうして実現して
帰ってきた2人は更にピースボートファンになってくれた様子。

ありがたいな、うれしいな。
それからは絶えず旅の話を聞かせてくれましたが、
なんだかんだしているうちに、
来週にはもうタイに2ヶ月半行ってくるんだそうです。

我が家は、皆好き勝手生きているので、
家族チリチリです。(笑)

そんな私は、そういえば11月にアメリカに旅行に行ったんです。
とっさに休みをもらって、久しぶりの自由気ままな旅をしちゃいました。

その時のことも、すっごくおもしろいストーリー満載なので、また書きます♪


生き方について

夏沙のブログ

人生には、何度かの転機とか、なんていうかビッグウェ~ブというか
そういうものがあるよね
特に私は、「日常」と化してしまう「日常」になれてしまうと
自らそのビッグウェ~ブを巻き起こす。

とは言っても、
きたきた、ビッグウェ~ブっぽい波が・・・
と思って

さらに自分の感情ふくらまして
その波に自分で追い打ちをかけて
 「ビッグウェ~~~ブ!」
にしてしまうのかもしれない   ・・・笑

生きている上で、身近で、
生きているそのものであるほぼ全てが変化をしている、
そしてさらなる変化を自分から作っている。

仕事をしていて
そこに属する自分
人と人とのネットワークの中に属している自分
それから、日本という国、文化に属している自分。

でも自分の「感情」だけは、どこにも属さないものを持っていて
その感情というのは
時に、自分が属している全てのものから解き放して
何にも属さない感情として
何にも流されずに
自分をできるかぎり今属している全てのものから遠ざけて
その環境に一人にさせることで
何か保とうとするのかもしれない
そんなふうに生きたいと思うと、
自分が属しているもの全てに迷惑をかけているのかもしれない

けれど
どうしてもそれが自分だし
それを妥協してしまったら
自分の存在がすごく薄っぺらなものになってしまう気さえする。

目的とか、達成とか、成長とか、やりがいとか、居場所とか、
そういう普段の社会の中で必要とされ評価されるもの
すべてから離れ
自分が何もない状態で感じる感情だけで満たされる時間を作ること

それができたら、
目的とか、達成とか、成長とか、やりがいとか、居場所とか、
そういった社会で評価されるものに対して
もっと自信をもって
もっとうまいこと表現できるきっかけになるんじゃないかな
って

それが私のやりかたなのかもしれない。

夏沙のブログ
(最近、夕日が毎日きれい!
シゴトの合間に、仲間と夕日を見て感動できるってステキ)


父・母、地球一周へ!

第71回ピースボート地球一周の船旅は
私の両親をのせて、横浜大桟橋を出航していきました。

雨かなと心配していた空も、
船の出航と同時に太陽が出て、
船がきらきらと光って
とっても感動的でした

夏沙のブログ
夏沙のブログ

私が高校生の頃から好きになって関わって来たピースボート
両親は応援してくれて
そして今度はついに、両親が地球一周の船に乗ってしまいました!!

私が好きなピースボートに、両親が乗ってくれるなんて
本当に嬉しい限りです!

船の出航は、やっぱり、やっぱり、いい。
何度見ても感動する。
この瞬間のために、毎日がんばっているんだなーって実感さえする。

両親が乗ったからよけい感動したけれど、
乗っていったひとりひとりに、地球一周するまでのそれぞれのストーリーがあって、
応援してくれる人がいて、それで実現する。

実現させた人がこうして一緒に船に乗って、
約3ヶ月をかけて地球をぐるーっと一周する。

みんなの想い
そして私も含め、この船を出すことに関わっているひとたちの想いをたくさんのせて
船はゆっくりと、ベイブリッジをくぐって見えなくなりました。

まず向かうは香港!
台風で船が揺れていないか心配でしたが、
台湾沖を通過中の船の中の両親から電話がきて、
揺れも大丈夫、楽しいよ~!!と。

よかったよかった。
大切な人が乗っている大切な船の大航海が
すばらしいものになるように祈るばかりです。

帰国は1月18日。
いつもは私が見送られるばかりだったけれど
こうして両親を見送って
大好きな海老名の実家には誰もいないけれど
帰国を楽しみに、そしてクルーズレポートも楽しみにしています!

クルーズレポート http://www.pbcruise.jp/report/71st/index.html

ちなみに・・
父のブログ http://ameblo.jp/hottatekai/
母のブログ http://ameblo.jp/hippoyamashita/


諏訪さんの話。

夏沙のブログ

私の友人の中で、最高齢の方が、諏訪さん。
諏訪さんとはもう7年くらい前からの知り合い。
そして6年前に参加した地球一周の船旅に、一緒に乗った。

92才だった諏訪さん、昨日久しぶりに電話をしたら、98才になっていた。

「諏訪さん、もう98才なんですね~!」
「そうみたいね~ まだ死なないの」
と、相変わらず笑わせてくれる。

7年前、出会った頃は、お互いにピースボートのボランティアスタッフをしていて、
船賃の割引がたまるから私も頑張って貼っていた「ポスター貼り」を
諏訪さんもやっていた。

横浜から東横線で何駅かのところに住んでいる諏訪さんは、
当時横浜にあるピースボートセンターまで歩いて通っていた。

何度か、諏訪さんの家に遊びに行ったことがある。

5年前に行ったときには、
よく「寝る前に毎日、腕立て伏せ1000回やってる」と言っていた諏訪さんだったけど
本当に、本当の本当に、私の目の前で
「見ててね」
と、目の前で腕立て伏せを1000回やってしまった。

夏沙のブログ
ダンベルも。笑 夏沙のブログ

お家では、一人でご飯もたーくさん用意して待っていてくれた。

全然関係ないけど、諏訪さんちで一番驚いたのは、諏訪さんちの冷蔵庫。

いつもピースボートセンターに、パンのみみで作ったサンドイッチを持ってきていて
私はそれを「諏訪サンド」と名付け、そしてよくその諏訪サンドをもらって食べていたんだけど
諏訪さんちの冷蔵庫には「諏訪サンド」の謎が隠されていた!

冷凍庫をあけると、なんと、
パン屋さんでもらってくるパンのみみが、「そのまま」、冷凍庫に敷き詰めていた!!
(意味わかんないですね?笑)

とにかく、
スーパー老人だ!!
と思っていたけど、全く「老人」という雰囲気がない。
いつもおもしろいことを言って皆を笑わせてくれる。

もう地球はピースボートで3周していて、
さすがに足が弱くなってきたからもう乗らないらしいけど、
電話したら変わらない声の諏訪さんで嬉しかった。

あら~久しぶりで嬉しくなっちゃった!
久しぶりに会いたくなっちゃった!
と言ってくれた諏訪さんに、近々会いに行こうかな、と思ったわけです。

ピースボートでは本当に年代も超えていろんな人と知り合ったなぁ
と、しみじみするわけですが、
そのピースボートは昨日、横浜港に帰港しまして
25日(月)には、
ついに私の両親が地球一周に旅立ちます!

いつも私を見送ってくれていた両親を今度は私が見送る番です。
そんなわけで今日は、実家の海老名に帰ってきていますー
(最初の写真は、3年前に諏訪さんちで撮ったものです!)