アメリカ

去年の11月。
8年振りにアメリカ合衆国へ行きました。
とってもおもしろいストーリーがたくさん生まれたので、
ブログに書きたいと思ってはいたものの
いつのまにか冬を越してしまいました。

何度も何度も書こうと思い
少し編集しては辞め、を繰り返していました。

ちょっと時間がったってしまったお話だけれど
せっかくなので載せます。

長いです。

———————————————-

夏沙のブログ

高校2年生の時にアメリカに留学してから
その後、たくさんの国を訪れてきたけれど
アメリカには行くことがなかった。

行きたいとおもう要素がなかった気がする。
アメリカ以外の国に行くことに優先順位を置いてきた。
いろんな理由があったけど、とにかくアメリカに行こうと思うことがなかった。

けど、
このタイミングで、
アメリカに呼ばれた。

「呼ばれた」という言葉がぴったり合う。

出発の3日くらい前に飛行機のチケットを買って
海外へ行くとは思えないくらい少ない荷物だけを持って
ほとんど誰にも言わずに
さらっと、成田から飛行機に乗ってアメリカに着いた。

国内移動くらいの感覚で行ってしまった私は、
飛行機に10時間くらい乗って、さらに乗り換えまでして、
目的地へバスまで使っていたら
着いたときには疲れ果てて
なんて軽い気持ちでアメリカまで来たんだろう!
なんて不覚にも思ってしまった。

久しぶりの「アメリカ」は
懐かしさを覚えた部分と、すんなり日常のようにとけこんでしまうような感覚と。

訪れた街は、
初めての、何も知らない街だったけれど
外国にいるという気がしない土地だった。

昔から知っているような、なんとなくとても安心感を感じる場所だった。

今回は、

なにも求めず
予定もほぼ決めず
難しいことは考えず
日本で自分が身を置いている社会から離れ
自分が感じることだけを大切にして
したいことも
するべきことも
ない

そんな時間を過ごしたいし、過ごすんだと思ってアメリカまでたどり着いた。

ただ一つ、目的はあった。
したいことは、一つだけ。1日だけでいい。

だから、それ以外、時間はすべて自分のものだった。

決まっているのは帰りの飛行機の時間だけ。

何をしても、何もしなくても、ただ自分と向き合って、
自分の時間は自分の心が思うように任せてしまえばいい。

そんな思いでいたからか、
邪魔なものはひとつもなくって
訪れるものは、すごくストレートに私に歩み寄ってきた。
いろいろなことが、ひとが、景色が、私に訪れてきた。

夏沙のブログ

着いて、とりあえずは安いホステルに入って
とっても眠かったけれど
ネットのメールチェックだけはしたいと思って、近くの図書館に向かった。
日本人なんていなそうな静かな街だったけれど
そこで、日本人の女の子と出会った。

声をかけてみると、彼女はおばあちゃんと一緒にいて、
おばあちゃんが私に挨拶をしてくれた。

自分の名前を名乗り、「あなたのお名前は?」とまっすぐに手を出してきた。
おばあちゃんの手を握り、私も名前を名乗る。
「泊まるところはあるの?うちにきなさい」と突然言ってくれる。
泊まるところはもう決めていたからそれを告げたが、
なぜか初対面の私を気に入ってくれて
とりあえず家に来なさい、と。

そのおばあちゃんの雰囲気に私は一瞬で惹かれていたから
もちろんおばあちゃんの家に行くことにした。

女の子が運転をしてくれて家に着き、家に入ると驚いた。
今まで見たどの家よりも、モノであふれている。
リビングも、ベッドルームも、キッチンも、トイレも、バスルームも、
どこもかしこもモノだらけ。

ただ、その「モノ」は、
散らかっていていらないモノがあふれているという感じは全くなく
そのモノひとつひとつがその存在を主張しているかのように
そこにある
という雰囲気。

食事をしていなかった私に簡単な食事を出してくれて少し話をした。

飛行機の中でトイレに行くのは面倒だ、という事を話した私に
おばあちゃんは真剣な顔をして
「これからの人生が長いあなたは、よく聞きなさい。
面倒くさいという言葉は、これから絶対に使ってはいけないよ」

初対面の人に、そんなことを言われたのは初めてだったのでびっくりしたけれど
なんだか嬉しかった。

その人の存在に何かとても魅力を感じていたし、
疲れ切った体で、この、モノがあふれている家に、なぜかいる私は不思議だけれど
とても開放的な気持ちを覚えた。

8年ぶりのアメリカ一日目、不思議な出会いと疲れた体で
ホステルに戻り眠ったら
次の日は起きたらお昼の3時だった。

最近、地球の裏側に行く手段としては「船」が多かった私にとって
時差ボケというものの存在になんとなく笑えた。

そして、時間を気にせず寝る!ということすら
旅の中だからこそ!という超・ポジティブで自由な自分の心を笑った。

2日目。

予定なし。
すでに3時。

町を歩いた。
この町は、私が知っている「アメリカ」ではないと気づく。

私が知っているアメリカは保守的なテキサスの田舎町。
車社会で、人々は大型スーパーで大量のものを買い
学校に行くのも買い物も、どこに行くにも車。
カウチでポテトを食べる姿が、そのまま私のアメリカの印象だ。

でもここは、違った。

人々は自転車を乗り回し、
歩いている人に対して「大丈夫?車乗りなよ」とは言ってこない。

コンビニや、スーパーには必ず、
オーガニック食品や、環境に配慮されたものが並ぶ。
バスや歩きでどこでも行ける街の大きさや、
リスが木に登っていく様子を見ながら冬の気配を感じる雰囲気
ロッキー山脈のふもとに位置するその町は
人々も健康的で
なんだか、とってもすんなりと私の心に入ってきた。

ダウンタウンのお店で
ネイティブアメリカンの民芸品が売っているお店に吸い寄せられるように入った。

かかっていた音楽が体を満たしていくような
心地よくて自分の世界がいまここだけであるような、
そんな感覚。

少し大きめのドリームキャッチャーをお土産に買うことにした。
店員のお姉さんは日本が好きで
よく日本の桜を見に旅行に来るんだと言っていた。

お姉さんと話をしていた時に

目の前にあった小さな石でできた動物の形をしたものが積まれていて
なぜか私はその中の一つを手に取り
それを迷わずお姉さんに差し出してお金を払った。

夏沙のブログ

不思議な体験だった。

なぜ、これを買ったのか自分でもわからなかったけど、
買うべくして買ったような気がした。

流れていたCDの名前を聞き、日本に持ち帰った。
それからの半年、私は家でずっとそのCDを聞き続けている。
ホテルに戻って
今度は眠れなくなった。
3時まで寝ていたことと、夜が強い私。

それから、今回どうしてもしたいことがあったが、
それが次の日だった。

眠れなくて、買った石の動物の箱を開けた。
すると、箱の中に説明書きのような紙が入っていた。
難しい単語を調べながら読んでみて、驚いた。

このクマのおまじないは・・・
自分の中にある意識を、自ら観察する力になります。
クマは、真実を捜すこと、自らの経験を理解すること、そして、身近らの目標を成し遂げること
を象徴します。
自分の中にある答えを明らかにすること。

直感を信じること。
クマは、私たちの兄弟です。動物と人間との間の使者です。

こう、書かれていた。

そのときの、その場所にいた私にぴったりすぎるくらいの言葉たち。

ぴったりすぎるというよりは
自分が直感でアメリカのこの場所までたどり着いた意味というようなものを
感じ取ったというような気がした。

そして明日の自分と、そのあとの未来の自分に向けられた言葉を受け取ったという感覚。

思い返せば、ここまで来るのに物事が次から次へ進んでいった。
迷いもあまりなく、4日くらいですべてが決まって飛行機に乗っていた。
タイミングも、ぴったりだった。

明日、今回のただひとつの目的の日を前に
寝れずにいる自分。

もらったクマの言葉は
明日を少し恐れた自分に、現実味のある感情をプラスした。

明日訪れる自分の感情を受け入れて
受け止めて
自分は前に進め
思うままに
素直に
人生なんて儚くて
こんな人生も素敵で
素直に生きている自分に自信持とう
これから体験する感情に恐れずにいよう
自分が、きっと見えてくる

そう思って頭の中は感情でいっぱいにしながらも
浅い眠りにつき
朝をすぐに迎えた

迎えた朝はまだ暗かった。
窓から伝わるわずかな太陽の光を感じた。
頭はすっきり冴えていた。

朝日を、見よう。

直感だった。

すぐにホテルを出て目の前にある山に急ぎ足で向かった。

太陽はきっと私を待ってはくれないから
美味しそうな匂いを放つオーガニックコーヒー屋さんを横目に
小走りで高いところを目指す。

後ろを振り向くたびに色を変える朝日が完全に空に上がりきったころ
街の全部が見渡せる場所にたどり着いた。

朝日は、完ぺきだった。

文句ない朝日に、感動した。

夏沙のブログ

その日はとっても疲れた。
歩き回り、頭もフル回転。
一日の目的を成し遂げたときその一日の意味を完結させたのは、
眠れずに読んだ、クマの説明書きだった。

すべてがつながったような感覚を覚え
すべては必然的に私に訪れている時間のような気がした。

次の日も、おもしろい出会いがあった。ネパール人との不思議な時間をすごした一日だった。

夏沙のブログ

この街で時間を過ごしていくうちに、
自分の体に本来流れえいる時間の感覚を思い出し、取り戻していくような気がした。

逆に
東京で過ごす自分に流れる時間に違和感を感じ、
不自然に生きている自分を思った。

最終日の夜。

また、眠れなかった。
時差ボケは、さらに私の体内時計をボケボケにしていて、
また、浅い眠りのまま朝早くに目が覚めた。

数日前と同じように窓から伝わるほんの少しの太陽の光を感じて
外に出てみた。

すごい朝焼けだった。
こんな朝焼けは、見たことがないと思うほどの豪快さ。
燃える空、紫の雲。オーロラかと思う空のカーテン。

夏沙のブログ

この旅のまさにエンディングを演出してくれる空に感激し
早朝の、空港行きのバスに乗って
きっとまた違和感を感じるであろう日常の時間へと戻っていったのでした。


おかえりといってらっしゃい

両親が、帰ってきた。
今度は タイを中心にカンボジアやラオスや・・バックパッカーしてきたそう。
ピースボートの地球一周から帰ってきたすぐにまた旅立って行ってまた3か月くらいいなかった。

寒い時期も、震災の一番大変な時期も飛び越えて
焼けて帰ってきた2人は
なんて自由なんだろう!と感心する。

いろーんな話が飛び出てきたけど
その中からひとつ紹介。

タイからラオスへ行く途中で乗ったタクシーの運転手さんが
とっても怪しそうな雰囲気だったんだって

「どこからきたの」
と聞かれて
「日本だ」
と答えると
1000バーツを家に取りに行って
TSUNAMIの義援金だと両親に手渡した。

1000バーツは約3000円。
でもタイの人にしてみたら日本では1万円くらいの価値にあたる。

そして自分の身分証明書をわざわざコピーして
それと一緒に両親が払ったタクシー代よりもずっと多い金額を
一個人でしかない両親にわたしてくれたそう。

両親はそれをピースボートの災害支援で使ってと
私にくれた。
世界中のひとたちが個人レベルで皆心配してくれているんだなぁ

世界中にいる日本の人たちが
世界中で世界中の人たちに心配してもらったんだろなぁ
と思いを巡らせる

そんな中
先週の日曜日、超・晴天の横浜大桟橋から
ピースボート73回クルーズが出航!

みんな本当にそれぞれいろんな思いを持って船に乗っていった。
そのひとりひとりが船に乗るまでの道のりを
近くで見てきた分
応援してきた分
感動した。

今回は80日間地球一周。
本当は、皆と一緒に旅がしたかったと心から思っているけど
かなわなかった分
皆がどんな顔して帰ってくるのかを
心から楽しみに
待っていようと思います!

いってらっしゃい★★


小さな渦の中で思う

$夏沙のブログ

忙しくって
お花見なんてする暇もなく
いつも自転車で通っている職場に着くまでに
何度か隅田川の桜並木を見上げたくらいで

本当は、ゆっくりと心に染ませたいこの時期も
あっというまに過ぎ去ってしまった

毎年思う。
また、この季節が来た、と

年を重ねるごとに
切なさと懐かしさと
言葉にならない桜を見たときの感情、
というものが増していく
こうして
日本で生きる人の心に

という感情が
刻まれていくんだと思う。

自然に生かされ
人が人を殺すことがなく
ひとが自然を傷つけることもなく
優しさにあふれた世界
に住みたい

単純にそう思う心は
どうしてこの社会では簡単に現実へと変わっていかないのだろう

この社会では

優しくて
きれいで
まっすぐな
想い

よりも

憎しみや
地位や名誉や
お金や

そういったものが勝ち、

私たちが生かされている
大地

空気
生き物

簡単に
汚されて
取り返しのつかない
ものに
なっていく

そんな社会を
私たち人間は
変えていくことが
どうして
こんなにも
難しいのでしょうか

地位や
名誉や
お金を
持っている人の一言や
行動は
世界を動かしていくけれど

そうでない
私や
みんなは
ちっぽけな感情の渦の中で
振り回されたり
それでも立ち上がったり

その中で
オゾン層が破壊された
リビアで戦争が起きている
原発の放射能が危険だ
そんなニュースを耳にして

ちっぽけな渦の中にいる自分は
さらにちっぽけだな
なんて思いながら

普段と変わらない生活を
続けるわたしたち

そんなことを考えながら
きっと
死ぬまで
生きて
死んだら
生きている人が
生きて
その繰り返しは
いつか、
終わるのか

終わりは始まりなのか
考えたらきりがない

地位や名誉やお金はいらなくても
大切な自然を壊さない、
未来を生きる人たちのことまで考えることのできる
世界は
ほしい。


偉大なるネットワーク!

普段は日常として
勤務しているピースボートセンター。

今は
ピースボートのネットワークの偉大さを実感させられながらの毎日。
過去にピースボートに参加した仲間たち。
過去のピースボートスタッフ。
水先案内人と呼ばれる、船のゲストの方々。
それから、動き出したい!と集まってくるたくさんのひとたち。

一般市民の私たちが
何かしたいと思って動ける場所がここにある。

今日は、私が6年前に初めて参加者としてピースボートに乗ったとき
一緒に乗っていた仲間たちが
一緒に募金をやりたい!
と集まってくれた

夏沙のブログ
(これは現役ボラスタたち!)

4万人以上のひとが、ピースボートで地球一周の旅をしてる。
そのネットワークは、すごい。
世界中を巡り続けているピースボートの
世界中の仲間たちからも
支援や
応援が
たくさん届いている。

小学校高学年の男の子達が
他の団体では年齢が小さすぎて受け入れてもらえず
ピースボートだけが何歳でも受け入れてくれるから

皆、手に支援物資のオムツを持ってセンターにきてくれた。

昨日は、ピースボートが支援を行っている
石巻へ
一般ボランティアの第一陣の皆がバスに乗って出発した。

どんどん集まる支援物資の食料も
2つの大きなトラックに積み込んで、出発。

夏沙のブログ

メディアもたくさん来た。
旅のカリスマであり自由人であり、ピースボートの水先案内人でもある
高橋歩さんとその仲間たちも
ピースボートの支援に混ざって石巻へ出発していった。

夏沙のブログ
(出発していったボランティア)

たくさんの人が、日々ここに集まってくる。
ピースボートは、「地球一周」という壮大なプロジェクトを続けてきているからこそ
こうして
災害が起こったときには
たとえそれが海外での出来事だったとしても
皆で支援をする。
皆が支援をするための場所を最大限作る。
そして、世界中のひとと繋がっていくために、
旅に出たいと思える世界の環境を壊さないために
旅に出たいと思ったときに、旅に出られる日本であるために
船を出し続ける。

・・・・と、自分に言い聞かせながら、今やるべきことを、やる。
!!


葛藤した心の中、心からの呼びかけ

もうあれから約2週間。

自分を取り巻くたくさんのことが変化をしているのに
自分が「仕事」としてやるべきことはあまり変わっていなくて
感情がついて行かない部分や
自分のなかでの葛藤をためこんでいたり
状況も、感情も、たくさんのひとのの人生も
どんどん変わっていったこの2週間。

あの地震のとき 自分が何をしていたか なんて
もうそんなことをここに書くことすら、そこにはもう感情はなくて
変わっていくことについていくことだったり
なにもできない自分の無力さに息詰まったり
そんなふうに気持ちぐらんぐらんさせているうちに
まわりはどんどん進んでいく。

私が勤めているピースボートは
すぐに災害支援チームが立ち上がって、
もうどんどん現地にボランティアを送り出している。

今日も、さっき、数名のボランティアと
皆で積み込んだ支援物資をのせたトラックが出発していった。

募金活動も全国のピースボートセンターで行っている。

普段はカンボジアの地雷廃絶募金を週一で行うけど、
比にならないほどのお金が集まる。

たいして発信したい言葉が今はない。
できることと、やらなきゃいけないことはかみ合わないこともある。
目の前で皆が支援のために動いている中
自分は自分のやるべきことがあってそのために動けないとき
すごく苦しいけど
それでも私が選んでいることで
ピースボートがなければこうして皆が動く場所もなかったわけで

だから私は
深呼吸して今私がやることをやる。

でも、だからこそ、これは心から、呼びかけたい。
もし今、時間があって、少しでも何かしたいという思いがあるかた
いましたら、
是非ピースボートの支援活動に協力してください。

行政機関ではなくて、NGOにしかできないこともあります。
どこのNGOもまだ動き切れていない中、ピースボートは着々と現地へ支援を届けている。
私はそのほんの一部しか関わっていないけど
私の仲間たちが、
頭使って、体使って、ピースボートの28年間の経験とネットワークを最大限に生かして、
精一杯動いています。

詳細を載せます。



ピースボート 東北・関東大震災 緊急災害支援
宮城県石巻にて、緊急災害支援がスタート
現地派遣の一般ボランティアを大募集!

2011年3月11日(金)に発生した太平洋沖を震源地とする地震の被災者の方々に対して、心よりのご冥福とお見舞いを申し上げます。
 ピースボートでは、東北関東大震災への緊急救援を始めました。3月17日より被災地に入った山本隆(40)ら先遣隊スタッフが、すでに宮城県石巻市内を中心に救援物資搬送などの活動を行っています。しかしながら、現地では交通事情の問題などで、実際に救援活動に携わる人手がまったく足りていません。そこで、ピースボートでは、石巻市での早急かつ継続的な支援のため、広く一般から募集するボランティアを組織し、独自の交通機関で現地へ派遣することを決定しました。
 3月23日(水)より、東京・高田馬場のピースボートセンターとうきょうで、ボランティア希望者に向けた「救援ボランティア説明会」を開催します。ボランティアの内容は、炊き出しや避難所のお手伝い、物資の運搬などで、チーム毎に1週間程度の派遣を予定。そのほか、東京での物資仕分けのお手伝いや街頭募金などの短期ボランティアも募集しています。

災害支援ボランティアへの応募方法


ボランティアの種類:

○被災地での救援ボランティア:
  炊き出し、避難所の手伝い、物資運搬など
<条件>
 ・最低1週間以上の現地派遣が可能な方
 ・20歳以上の男女で、体力に自信のある方
 ・事前に下記「災害支援ボランティア説明会」に参加できる方
 ・交通費、食費、宿泊などに伴う費用を自己負担できる方
 ・寝袋、防寒着、(テント)、長靴、1週間分の食糧を持参できる方
○東京での短期ボランティア:
 支援物資の仕分け、街頭募金、説明会の設営・受付など
<条件>
 ・1日から参加可能
 ・東京での食費、宿泊などに伴う費用を自己負担できる方

救援基金でのご協力
救援物資の購入や、炊き出し用の食材の購入など、緊急災害支援の活動のための募金にご協力ください。

 郵便振替口座 00180-6-705651
 口座名 ピースボートUPA(※通信欄に「災害支援」とお書きください)
 ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) 当座0705651
 ピースボートUPA国際協力プロジェクト
 (※振込人依頼人名の前に「サイガイ」とご入力ください)
※募金の一部は、通信費や運送費など救援活動に必要な経費にも活用させていただきます。
その他
炊き出し用の食材や調味料、食材、また物資運搬に使う自転車(どちらもまとまった数のご提供のみ受付)のご提供をいただける企業・団体があれば、上記「ピースボート 緊急災害支援係」までご連絡ください。
ピースボートでは、今後も、被災した方々からのニーズ(希望・必要)を直接確認しながら、様々な支援活動を展開していく予定です。現地レポート、新しい災害支援の内容、今後の「災害支援ボランティア説明会」の日程などは、詳細が決まり次第、当ホームページにてお知らせいたします。
皆様のご協力を、こころよりお願い申し上げます。


このリリースに関するお問い合わせは…

ピースボート緊急災害支援係・担当:合田(ごうだ)、篠原
(Tel:03-3363-7967/Fax:03-3363-7562/E-mail:kyuen@peaceboat.gr.jp)


■支援スタッフによる現地レポート 

http://www.peaceboat.org/info/news/2011/110322.html

■ピースボートホームページ

http://www.peaceboat.org/index_j.html

夏沙のブログ
支援物資を載せ込んだトラック出発!