カテゴリー別アーカイブ: 【ピースボートのはなし】

地球一周の仲間たち

夏沙のブログ-friends1

ひとに、ピースボートの魅力を話すとき、何を語るかって

もちろん、世界中いろんな国に行ける事もすばらしいけれど

やっぱり、出会うひとたちのおもしろさ!!!

これです。

ピースボートに関わり始めてからの7年間。

ピースボートで出会ってきた人たちは、おもしろすぎる!

7年前の18歳。ピースボートで働く人たちがすごく魅力的に見えて憧れていた。

こんな素敵なひとになりたいな、と思えるひとがまわりにたくさんいた。

こんな生き方もあるんだ、って、人生の大先輩がたくさんいた。

船に乗ったら、国籍も様々、生まれた環境も育った環境も様々、

日本にいたら絶対に話さないだろうひとたち

日本にいたら敬語使って近寄れないだろうひとたち

そんなたくさんの人たちが、同じ空間で、

同じ、ただの「旅人」として出会ってつながる。

今回の旅でも、素敵な人とたくさん出会った。

素敵な人生のストーリーをたくさん聞いた。

一緒に仕事をした仲間たちは、ひとりひとり皆本当個性あふれるすっごい魅力の持ち主で

ひとりひとりをここで紹介してしまいたいくらいに、超・カラフルな仲間たちだった

毎日一緒に過ごして、一致団結して、地球一周というひとつの大冒険を作り上げた仲間だから

終わってしまったら、すっごく寂しかった。

ピースボートの魅力はいろいろあるけれど

やっぱり 「ひと」 だなって 改めて感じています。

夏沙のブログ-friends2

69回クルーズ参加者たち!

船に乗っていると

こんなにたくさんの人が超いい笑顔している場所って

日本にいたらなかなか出会えないなぁーって

自分の周りのひとの笑ってる顔見て、心の底から自分まで嬉しくなっちゃう空間。

夏沙のブログ-friends5
クリス!!

彼はイギリス出身で日本語ぺらぺらのピースボートスタッフ。

日本語の上達っぷりがすごいの!外国人オヤジギャク選手権があったら絶対推薦します。

そして周りのひとのことをいっつもやさしく見守っていてくれる、あったかいひと。

実は、私が参加した3回すべてのクルーズに彼と一緒に乗っているのです。

ストーカーと言われた(笑)

夏沙のブログ-friends3

マイケルとみちは、今回のクルーズにボランティア通訳として乗船していました。

船内でも、寄港地でも、英語と日本語の同時通訳で大活躍でした!!

この写真は、フィンランドのヘルシンキでツアーが終わったあとに一緒にご飯を食べに行ったとき!

夏沙のブログ-friends7

年代を超えた出会いもたくさんあります。

こんな年のとり方をしたいなぁって思えるひとにたくさん出会います。

ピースボートに乗っている年配の方は、年齢を聞いてみるとびっくり!!という人が多い。

そして3ヶ月たって日本に戻る頃にはもっと若くなってるからびっくり!!

夏沙のブログ-friends4

仕事は真剣に!

そしてそして、飲んで!

笑って笑って!!!

こーんな仲間に囲まれた旅でした。

人生の最高の仲間に出会うなら

ピースボートの旅、オススメです♪


地球一周の話がしたいけれど

夏沙のブログ-69th2

今までいろいろなことを書き残してきたように
地球一周の話も写真ももっと残したいと思う
けど 長くなるから、まぁいっか
と思ってしまう

学生時代は
自分のために日本を飛び出して
旅をして
悩める将来や
自分探しや
想像を超える発見を期待したり
そんな旅。

そんな旅から得たものは今の自分を作り出して
感情や想像力やライフスタイルや
そういった今この自分がどうやってこの時間を使っていくかということに
つながった。

今回の地球一周は
もちろん地球をぐるーーと一周してきたんだけど

旅であり、仕事であり、人生であり、
一生のテーマである「旅」の延長線上に
いままでは考えられなかった要素をたくさん組み込んだ、
そんな旅。

出会ったたくさんの、異なったバックグランドや異なった言葉を持っているひとたちと
一緒に仕事をし、一緒の目標を持って

悩んで、話して、笑って、飲んで、歌って

旅のカタチは無限大で
何が旅だとかそんなことはどうでも良くなる

帰る場所がある旅がすき。

出会った人たちと出会った景色に感動して
また出会うかどうかは別にして
出会ったものがつながってひろがって心満たしていく
そんな旅がすき。

心からわき上がる感情を大切に
いつも旅の途中と思える気持ちを忘れずに。

夏沙のブログ-69th1
夏沙のブログ-69th3


出航です!!


今まで24年という時間を過ごしてきたけれど、

その中で、その時間の中で、

何も考えずにただ過ぎていった時間、

明日にならなければいいのにと思いながら過ごした時間。

環境になじめずに、はやく一日が過ぎればいいのにってストレスためながら過ごした時間。

余裕がたくさんあって、ひとつひとつを丁寧に過ごして心地よかった時間

一人でいるのが好きで過ごした時間

たくさん悩みながらも誰かと向き合いながら過ごした時間

時間が過ぎることを願いながら過ぎた時間を

もったいなかったとは思わないし

そんな時間があったからこそ

また違った時間の過ごし方に感謝できるし

今は、

とにかくあっという間に一日が過ぎていく

いままで過ごした時間とはまた別の感情を抱く時間。

まだその途中にいるから、それがどんな時間なのかという言葉は具体的ではないけれど


忙しいということばがネガティブだから使いたくないとか

そういうことじゃなくって

すごくポジティブに忙しい。


ブログを書くのは好きだけど

書く暇ないくらいに

日々はあっという間に過ぎていく。


灰色の東京にはもう慣れてしまって

大切にしなくてはいけない自然を

人工的にコンクリートで固め尽くしてしまったこの土地も

私の日常の一部でしかないけれど

春を気づかせてくれる要素に囲まれたりすると

やっぱり地球は生きているんだ!

なんて当たり前のことなのに

東京にいたら忘れちゃいそうな感情が沸き起こる



仲間がいて、一緒にいること、一緒に仕事をしていることを嬉しく思う。

今の立場、今の仕事、今の仕事仲間

忙しい中

立ち止まってみると、ふっと満たされた感情に気づいて嬉しくなる。


16日から地球一周に出かけます。

私の人生のテーマは旅だから

地球一周に出かけること自体は人生の一部のような軽い感覚で

特にあまり感情的ではないけれど


やっぱりやっぱり

ふと立ち止まって、

こうして文章にしてみると

心の底からわくわくと嬉しい感情が沸き起こる。

これから101日間の船旅で

見たことの無い景色と

見たことの無い地球に出会いに行くんだ。


今はまだただの単語でしかない言葉たち


ルクソール神殿

ぺトラ遺跡

パレスチナ難民キャンプ

モンサンミッシェル

北欧

ノルウェー

フィヨルド

パナマ運河

ベネズエラ

ジャマイカ

 ・・・

 

101日かけてまた日本に戻ってきたときに

この言葉たちが

どんなカラフルな色を持つんだろうと思ったときの感情が

いつも私の心を旅へ旅へと動かしていく。

この一ヶ月間はクルーズの準備に費やしてきた。

「ピースボート地球一周の船旅」が出来上がるまでには

本当にたくさんの人、たくさんのプロジェクト、アイディア、ハプニング、

たーくさんの大きな大きな思いがあって

そしてたくさんの時間をかけてようやく船は出航していく。


ピースボートで働き始めてから10ヶ月。

もう7年くらい前から関わってはいたけれど

働いてみて、参加者を集めていく過程、クルーズを作っていく過程、

まだまだ経験は浅いけれどいろいろな経験をしながら

ひとつのクルーズが出航するということの大変さをとても感じている。


そして集まった参加者を乗せて

参加者ひとりひとり、スタッフひとりひとりの夢をたっぷり乗せて

やっと、やっと、ひとつの壮大な船旅が出航するわけです。

・・スゴイ!!

出航はしあさって

16日の15時。

14:30から、出港式が始まり

15時になると船は汽笛を鳴らして

地球一周へと出発します。

すごく大きなパワーが船と港を包み込むその瞬間がすごく好きです。

私は、大学の卒業式にも着たお母さんの着物を着て

出港式の司会を務めます!

船旅の良さは語りつくせないけれど

とにかく101日間、すばらしい航海になるように

自分が表現していきたいと思っていたものが形になるように

すべての人にすばらしい出会いと感動がありますように


私の夢であり

今の私の人生である「地球一周」へ行ってきます!!



 夏沙のブログ-6  夏沙のブログ-4   夏沙のブログ-3
夏沙のブログ-5  夏沙のブログ-2  夏沙のブログ-1
(この写真はピースボートのHPより♪)

 


縁の軌跡にありがとう

夏沙のブログ-47/1
今私が働く「ピースボート」。
仕事であり、趣味であり、夢でもあり。
高校三年生の夏から
私の人生にピースボートという空間が入り込んできてからは
いつも常に私の中にその空間は存在し続けている。
高校三年だから、もう6年半前から、とっても大きな存在。
「ピースボートという空間」。
おもしろくって、私はすごく気に入っている。
誰をも排除しない空間。
誰でも、地球一周という夢を追うことができる空間。
世間や社会の常識にとらわれずに、ひとりひとりが自分を表現できる空間。
学校や社会が作り上げている、常識や、独特な決まり事がたくさんこの国を支配していて、
それに沿わない人や、それにギモンを感じる人が生きづらい、社会。
私もたくさんギモンを持っていたから
日本ってなんて生きづらいんだろう!なんて高校生ながらに思っていた。
でもピースボートと出会ってからは
別に自分が間違っているわけではないし、
自分を自由に表現して受け入れてくれる場所もあるんだ
これでいいんだ!って思える心地良い居場所を見つけた気がした。
だから私はこの空間が好きになったし
6年以上もの間、心の中にはいつもピースボートは存在し続けていた。
私はピースボートで
「地球一周の船旅」という夢を実現させた。
実現させたその時も、実現させるまでの過程でも、実現させたその後も、
ピースボートにいたら、おもしろい仲間がいつだって集まってきた。
今ではその仲間こそがまさに私の財産であることは間違いなくて。
そう、それが、5年前の「47回地球一周の船旅
夏沙のブログ-47map
地球の壮大な景色や文化と出会いながら
自分と向き合い、隣にいる人と向き合い、自分のちっぽけ具合に気づかされた5年前。
その時の仲間が5年を記念してカフェスローに集まった。
それぞれの人生の中で、いろいろな縁がつながって集まり
同じ船で同じ100日間を過ごした仲間たち
皆またそれぞれの人生へと散らばっていき
それぞれの5年を歩み
そしてまたこの縁がつながって、100人もの人が同じ時間を共有し
懐かしさと、変わらない笑いが、カフェスローを包み込んだ。
パーティーのタイトルは
「縁の軌跡」
夏沙のブログ-47/5
マリコが作ってきてくれたウェルカムボード!

幹事を務めてくれた3人には本当に頭が下がる思いでした。
素敵な会をひとつひとつ丁寧に手作りで作り上げてくれていて
小さなとこまで、いろんな仕掛けが用意されていた。
夏沙のブログ-47/4
出てきたカフェスローのごはんは、5周年の文字と、ピーマンの一品はなんと、船の形をしてるー!!
料理もデザートもお酒も、オーガニック!

夏沙のブログ-47/3
 乗船前から一緒に地球一周を目指した熱い友人エミコと、船の上で出会ったナミビアから乗船してきたナビ!
5年経った私は、5年の間いろいろしたけれど
ついにピースボートに戻ってきた。
今の自分にとってのピースボートは、
今度はピースボートを使って私が表現したいものを
伝えていくんだ、っていう気持ちと
それから、こんなおもしろい空間を、今度は自分が作り上げていく立場でありたい
という気持ち
そして、これからもピースボートに関わってくるたくさんの人たちが
地球一周という夢をかなえる為にピースボートと出会い、
何かを感じとって、普段では出会わない仲間と出会って、
地球もおもしろかったけど、日本もおもろいじゃん!って思ってくれるような
そーんな空間を作っている存在でありたい
と思いながらいるわけです。
ピースボートに戻ってきて8ヶ月目。
この間、次に出航する大69回地球一周の船旅
乗船することが決まりました。
北欧航路を行く101日間の大航海!
ひとりひとり、それぞれの夢を乗っけた船に
私も今度はスタッフとして乗り込んで
時速30kmで進んでいく地球一周の一日一日を最高のものにしたい!


夏沙のブログ-69thmap
フィールドは地球全部!
と思ってきた私にはぴったりの、3度目の航海です!
あと2ヶ月後ですが
私と一緒に大航海にでたい方いましたら是非★
というわけで、また海外ブログが書けるのを楽しみにしています!
47回のみんなも、
これから69回で一緒に旅する皆様も、この縁にありがとう!!!


今しかできない、旅がある

 

自由に生きたい!旅がしたい!!

私だって、さんざん、そう思ってきた。いつだって、そう思っているし、そう思い続けながら生きていきたい。私の周りには旅好きなひとがたーーくさんいるけど旅好きの私たちの中で、カリスマ的存在といったらこのひと。

高橋歩!!!

知っていますか、このひと。
自称・自由人。

なんたって、彼はいま、「家族4人で世界一周無期限の放浪」中
だれもが憧れる旅の形を実現し、提案し、
日本の若者の心をぐらんぐらんさせる言葉をこの世に発信し続けている.

私が彼のコトバに出会ったのは高校1年生の夏。
何がしたいかわかんなくって、雑誌見て、流行のおしゃれを研究していた時代。
何か物足りなくって、でもなにをしたらいいか、
何を求めているのか、わかんなくって周りに流されていた頃。

初めて一人で広島に行った時に衝動買いした本が、高橋歩さんの本だった。
夜行バスで一気に読み切った私は
世界中、旅をしよう! と、決めた。

そして今に至るわけだけど。
今わたしは、大好きなピースボートのスタッフになって
旅というものがもうまさに私の人生になっている。
ピースボートの旅の形は一人旅とはまた違ったおもしろさ、魅力があって、
]船旅は一度祖のみ力を知ってしまえばもう一度行きたいと誰もが思うと思うし
(お金があれば、笑)
私は一人旅の魅力もたーーくさん知っているけどやっぱりピースボートが好きで
この壮大な旅を伝えるべく日々奮闘しているのだけど。

で、で、で、

今回のブログは、
高橋歩さん×ピースボートなイベントのお知らせなんです!

私の人生のきっかけとなった高橋歩さんは、
2度もピースボートにも乗船しているんです!!

旅 自由 冒険 ・・・!
わくわくしてしまうキーワードがたっぷり詰まっている、
2つの紹介をさせてください。

まず一つめは、高橋歩さんの出版社から出た本です。

夏沙のブログ-fff

「人生で一度は行ってみたい」そんな夢の旅に本当に行けちゃう!
究極の旅ガイド。
大自然アドベンチャーから、衝撃フェスティバルまで、
自由人・高橋歩を始め、旅のプロや現地ガイドたちのナマ情報を集めて作られた
夢の旅に「本当に行けちゃう!」究極の旅ガイド。
現地の写真が満載。読んで楽しく、リアルで使える!まったく新しい旅ガイド!

歩さんのブログでの紹介はコチラ 見てみて!!

http://www.ayumu.ch/report/2010/01/post-1.html

ちなみにピースボートの旅についても載っています!↓
夏沙のブログ-pp

それからもうひとつ!↓↓↓

ピースボートPresents シリーズイベント「若者よ!21世紀の龍馬たれ!」

高橋歩トークライブ 『今しかできない、旅がある ~自由を求めて冒険をしたいアナタへ~』

旅に出る若者が減ってきたと言われる今の時代に、
「日本を飛び出し、広い世の中を見たい!という夢をもつ若者を応援するトークイベント。タイトルはズバリ!
「若者よ!21世紀の竜馬たれ」。
記念すべき第1回目のゲストは、自由人・高橋歩さん。
現在もまさに世界一周(2回目!)に家族を連れて旅立っている高橋歩さんが
「旅」について語ります。
「旅の魅力」とか「行ったらなにが見つかる?」という能書き前置きはほっぽって、
とにかく“世界を見ようぜ!!”というメッセージ満載の90分!
後半は、高橋歩さんのサイン会も開催します。
直接“熱い想い”をぶつけたい方はぜひご参加ください。

■日時:
2010年2月26日(金)
19:00~21:30(開場18:30~)
19:00~20:30 高橋歩トークライブ
20:30~21:30 サイン会

■会場:北沢タウンホールTEL:03-5478-8006, FAX:03-5478-8007〒155-8666
東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール2F
(小田急線・井の頭線 下北沢駅南口から徒歩4分)
http://kitazawatownhall.jp/map.html
■参加費:3,000円(先着300名様・予約制)
■参加予約ピースボートの公式サイトからご予約ください。 http://www.peaceboat.org/info/event/0226.html専用フォームからの予約後、こちらから代金支払いについてのお知らせメールを送ります。入金確認次第、チケットをお送りします。※振込手数料はお客様負担です。また、入金後のキャンセル・返金はできませんので、ご了承ください。
■主催・問い合わせピースボート〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1tel:03-3362-6307  担当:篠原  info@peaceboat.gr.jp

高橋歩プロフィール

20歳のとき、仲間とアメリカンバー「ROCKWELL’S」を開店。
2年間で4店舗に広がる。
23歳のとき、自伝を出すために仲間と「サンクチュアリ出版」を設立。」 数々のヒット作をプロデュース。自伝の『毎日が冒険』もベストセラーを記録。
26歳で結婚。
結婚式の3日後、すべての肩書きをリセットし、妻とふたりで世 界一周の旅に出かける。
約2年間で北極から南極まで、世界数十ケ所を放浪の末、帰国。
沖縄へ移住し、自給自足のネイチャービレッジ「BEACH ROCK VILLAGE」を主宰。
同時に「A-Works」、「play earth」、「アイランドプロジェクト」など数々の事業を立ち上げる2008年11月より、再び旅人に戻り、家族4人で無期限の世界一周に旅立つ。
その旅の途中2009年2月から約3週間ピースボートに乗船。
ブラジル・リオデジャネイロからアルゼンチン、南極を航海し、南米最南端のチリ・プンタアレナスまでを巡った。[Official Web Site] http://www.ayumu.ch

というわけで♪
みーんなわかってるしみーんな知ってるけど
人生は一度!
旅しよう。