カテゴリー別アーカイブ: 【人生は旅!】

過去見て前向いて

未来に向かっていくとき
前に進む力があふれ出そうなとき
私はいつも、過去を見る。
人生は、一日一日の積み重ね
その積み重なったものが
私たちが生きている「今日」であるから
だから私は前に進みたいとき
過去の自分ともう一度出会い、もう一度向き合う、という作業をする。
何をするかって
中学生の頃から
日常のことや夢やいろんな感情を書きためている
35冊分のノートの中から
必要な時期のノートをひたすら読み返す。
過去の自分が今の自分に教えてくれることはたくさんあるし
どうやって自分の今が作られてきたのかを実感することは
これから見ていく先を実感することでもある。
3年前の記憶。
沖縄に住んでいたころ。
彫刻家・金城実さんのアトリエ(読谷の)に勝手に入りこんだ。
 
夏沙のブログ-金城実さん
金城実さんは、10年がかりで100メートルレリーフの「戦争と人間」を完成させた彫刻家。
心から感動した。
金城実さんが出てきて
中に入れと言ってくれて
コーヒーを出してくれた。
三線が出てきて歌っているうちに
金城実さんと話し始めた。
基地問題、沖縄から見る平和のこと、いろいろ。
金城実さんは、靖国訴訟を先頭に立っていった人だった。
憲法9条を守ろうとしている人だった。
金城実さんのお父さんは、23才で戦死していた。
実さんは、母の前で、マスコミの前で、その父を「犬死にやった」と言った。
靖国を総理大臣が参拝することは、沖縄の戦争で死んでいった多くの人、
その遺族を完全に傷つける行為だった。
それに対しての裁判は、現場検証や証言者が多くいたにもかかわらず、全てを棄却された。
実さんは、どれだけくやしかっただろう。
実さんの作品は、本当に凄い。
すごいんだ。
実さんの心の底からの表現だ。
実さんは、
たくさんの話を聞かせてくれた。
暖かい話。
おいしい沖縄のご飯まで出してくれた。
食べてくれてありがとう
と、言ってくれた。
夏沙のブログ-金城実さん2
そしてたくさんの言葉をもらった。
このアトリエに来る人は、どんな人も、歓迎する。
警察に追われている人でも、ホームレスでも、アル中でも、どんな人だって。
言いたいことは、あなた達若い人がこれからどんな仕事をして
どんな人生を送っていくのか。
未来は全てあなたのもの。
未来を作っていく若いあなただから、こうして受け入れる。大切にしたい。
あなたが風のように入ってきて、風のように去る。
一つの出会いだ。
また、いつでも来なさい。
寝るところもご飯もそれくらいならある。
若い人たちが作っていく未来だから、私は、あなたを応援する。
・・・・
金城実さんがくれた言葉を私は全て記憶しておきたかったけれど
聞いて一生懸命理解するだけで精一杯だった。
実さんは、帰り際に、実さんが書いた小説と、
実さんの本棚から私が読みたいと言った「カンボジアPKO」という本を貸してくれた。
そんな記憶。
出会いは一瞬、風のよう。
けれど、そこから生まれるもの
そこから広がるもの
たくさんある。
私は、前に、進みます。
過去の自分と向き合って、そしてぐんぐん進んで行こうと思います。
金城実さんの100メートル彫刻、「戦争と人間」


ゴキブリとの戦い

こんなネタ、初めてですが・・・・

今日は、ゴキちゃんの話、していいですか。

私、5年位前にタヒチでホームステイをしたんです。

その日は暑くて、海にも入って、いろんなイベントもあって、

もう汗だく塩まみれ。

ホームステイ先について

とりあえず

はやく・・・はやく・・・・シャワーさせて!!!

という気分で

シャワーに向かったんです。

タオルと着替えとシャンプー持って。

シャワー室のドアを開けて入りました。

う・・けっこう、ワイルドなところだぜ、でも私は強い子だぜ、けっこう、き、き、きたなそうだけど

なんとかいけるべ、よし、シャワーだぜ!!

そして

ドアが閉まりました。

そのとき、背後で

サササァーーーーーーーー

という気配!!!!!!!

振り返る夏沙。

その時!!

でえええたああああああ!!!!!!!!!!

これは、これは、人生最大級だ!と、とっさに感じ!

身の危険を感じ!

でも、でも、逃げれない・・・・・

だって、閉まってしまったそのドアに、

ゴキが、いっぱい、いっぱい、張り付いてんだもん!!!

・・・という事件が起こったんです。

これは、この危機は、どう表現したらいいのでしょう

少なく見ても、10匹!が、閉まってしまったドアに張り付いているのです。

汗だく塩まみれな私。

ゴキブリまみれのドアの向こうに閉じ込められてしまった私。

約3分、固まって、思考をめぐらせました。

シャワーするしか、ない!!!!

かなり限界までの勇気を振り絞って。

シャワーしようとしたんです。

シャワーの水が出るための蛇口?まわすやつ、あれを、ひねろうと思ったんです。

・・・・凍りつきました。

そのまわすやつのジャストそこに

いるじゃないいるじゃない、ゴキちゃん!!

もう、なにさ、なにさ、私がなにをしたっていうのさ 

という。大事件。

まあ、また3分ぐらい固まって思考をめぐらしていた間にそいつはのこのこと逃げてくれて

シャワーをして、

ありえないそのドアを、人生で最大級以上の勇気を振り絞って

息を止め

開け放し

脱出!

はぁ・。

そしてウガンダ。

ゴキちゃんとの戦いウガンダ編。

ウガンダでは、もう、毎日が戦いでした。

一番最悪だったのが、トイレ。

うちのトイレは、共同ぼっとん。

で、その、ゴキちゃんたちは、昼間はおとなしく

ぼっとんのその中にいるのですが

夜になると

彼らはぼっとんの底から這い上がって来られるわけです。

だから、大のゴキブリ嫌いの私は、夜、トイレにいけないわけです。

なるべく水分を取らないとか

いろんな方法があるのですが

やっぱり、どうしてもトイレに行かなければ!

という夜もあるわけです。

そうなると、平均8匹くらいいるゴキブリたちと個室で密室で同じ空気を吸い

同じ時間を共にするというのは、無理なので

お隣さんのハリエットを呼びます。

ハリエットーー、トイレ行きたいのーゴキブリ助けて><

と言うとハリエットがほうきかなんかで

すべてのゴキちゃんを叩き落してくれるんです。

まじで、ありがとう、ハリエット。

この恩は一生忘れません。

でも、ハリエットも毎日いいタイミングでいるわけでもないので

時に自分で叩き落さなければならないこともあるのです。

幸い、南国のゴキブリというのは、気候のせいなのか、

トロい!!

だから私にも叩き落す術が身についたんです。

まぁそんなかんじで

昨日、出たんです。

日本です。

実家です。

日本の彼は、黒い!早い!きもい!

いや、きもいのは、万国共通か!

母ちゃん、悲鳴を上げる。

父ちゃん、電話中。

キャーキャー言いながらゴキジェットで戦う私と母!

電話中の父にそれはうるさかったらしく

ゴキブリごときでなにしとんじゃー!!

アフリカ帰りの娘がゴキブリごときで悲鳴を上げてどうすんじゃー!!

一体アフリカでオマエは何を学んできたんじゃーー!!!

とか言われ・・・

あ、そこまで言われてなかった。笑

で。

今日、また出たんです!!

母、爆睡中。父、同様。

ゴキジェットで戦う。

しかし!

私とゴキの一番の問題は

私がゴキジェットで無責任に戦ったところで、その後始末が出来ないということでした。

1年前までは。

しかし!

やりました!

わたし、ティッシュで、運べました!

ほら、アフリカ帰りの娘は、ちゃんと学んできたんだよ!!

と思いました。


「世界へ羽ばたく子どもたちへ」

 

世界中を旅しているうちに
自分の中に描く地球の大きさが
どんどん、どんどん、小さくなっていくのが楽しい。

何を食べてもおいしいアジアの国はたくさん歩いたし
ヨーロッパでは、ため息が出るほどきれいな街に出会った。

アメリカの大地の大きさは自分の心を大きくしたし、
何千年前の氷がどんどん溶けている南米の一番下を船で通ったこともある。

そして今私はアフリカの大地で生活をしている。

どの国も、比べられないくらいにたくさんの魅力が詰まっているけれど
私は、子どもの笑顔が輝いている国が好きだ。

フィリピンの透き通ったきれいな海と共に生きている子どもたちは
海とおんなじくらい透き通ったままの目で私に話しかけてきてくれた。
南アフリカに住む子どもたちは
はだしの足をアフリカの土と同じ色に染めて、いきよいよく走り寄ってきた。
ブラジルのスラムに住む子どもたちは
ゴミだったドラム缶を楽器に変えて、心に響く音をみんなで作り上げていた。

旅の魅力は絶対に、ひととの出会いだ。
心ある人との出会いは、世界中を幸せにする。
心ある出会いは、お互いの心をもっと豊かにする。

世界中を旅しているうちに、世界中に友達が出来た。

地図の上のどこにあるのかわからなかったグリーンランドの友達が出来た。
地球温暖化で、氷がどんどん溶けて毎年景色が変わっていく話を聞くと
その、グリーンランドの友達のことを想う。

スリランカでテロが起こったとテレビが伝えれば
スリランカの友達と一緒にご飯を食べたあの楽しかった時間を想う。

ケニアで人が死んで、たくさんの人たちが悲しんでいる様子がテレビに映れば
ケニアの街を歩くとびっきりの笑顔を見せてくれた子どもたちを想う。

私は思うんだ。
世界中がもっともっと平和で笑顔が溢れた場所になるためには
みんなが世界中に友達をたくさんつくることだ!って。

だれだって、友達が泣いていてほしくない。
だれだって、友達が笑っていて欲しい。

だから、世界中の人と、友達になってください。
友達がいる国の人と戦争をしたいとはおもわない。
友達がいる国の人が平和であってほしいと願う。

私が見てきた世界は
子どもたちが元気な世界。
国境を越えて人と人が出会ってつながっていく、世界。

世界中を旅してください。
世界中には、まだ食べたことのないおいしいものも、
私たちが考えつかないようなおもしろい人生を生きている人も、
ため息が出ちゃうくらいきれいな景色も
想像も付かないくらいにたくさんあるんです。

言葉が分からなくたって、だいじょうぶ。
心と心は、ちゃんとつながっていく。

私も、まだまだ旅を続けます。
まだまだ世界中にたくさんの友達をつくって生きていこうとおもっています。
世界中の国の人たちが、国境もこえて、みんなが友達になれるような
そんな世界を作っていくために。

そして、私の友達や、これから出会う人たちにも、
もっともっと世界中で友達を増やして欲しいと願っています。

旅にはいつも終わりが来る。
でも旅の終わりはいつも、次の旅の始まりを告げている。
さぁ!広い世界を全力でみてやろう!
地球の上に生きているたくさんの人が笑う顔をイメージして。

夏沙のブログ-sekaie