カテゴリー別アーカイブ: 【旅の途中】

湖に浮かぶゲストハウス

ついに、ウガンダに入国!!

IMG_0995

4年半ぶりくらいにウガンダへ戻ってきました。
入国して早々、こんな場面を見つけ、

IMG_5492
ああ~バナナを活用してる~~
このバナナの活用法やバナナの多さが
「ウガンダに帰ってきたなぁ(笑)」としみじみ思わされる。

ルワンダとの国境から近い、カバレという街でバスを降りる。
ここ、カバレからは、ブニョニ湖という素敵な場所があるのです!
というのは協力隊時代に知っていたけれど結局訪れることなく帰国してしまったので
今回は楽しみにしていたのです。

バイクタクシーにのって20分くらい。
赤土のでこぼこ道を行く。

ブニョニ湖には小さな丘のような島がたくさん浮かんでいて
とってもきれい!

IMG_1125

その中に、島が丸ごとゲストハウスになっているという、
「アカゲラ」というゲストハウスに行くことに。

IMG_1002

まず、こーーんな木を彫っただけのボートに乗り、
係りの人ひとりと、
私と彼と
3人で頑張って50分くらい漕いで島にわたります。

腕の筋肉がない私はすぐに疲れてしまって、
なんども休憩してあとの2人に漕いでもらっちゃいながら、

IMG_1011

 

島に到着!

IMG_5526

素敵!!!

電気もほぼなく、
唯一ソーラー発電の電気が少しあるだけ。
シャワーも、上にあるタンクからそのまま水が出てくるだけ。
トイレはコンポストトイレで・・・
とにかく超・エコな島でもある!

することもあまりないので、
のんびり島をお散歩。

「スイミングプール」がある、
と聞き、彼は海パンに着替え、行ってみると・・・
湖じゃん!!!
ちょっと汚なめだったので、「スイミングプール」は断念し、
のんびり夕日を眺め。

IMG_1095

IMG_1107

湖が夕日に照らされて素敵すぎる夕日。
車の音も人の声もなくて
風の音と鳥の鳴き声だけ。
空気も澄んでいて、
こんなに素敵な島がウガンダにあったのね~と
ウガンダにいるのになんだか別世界のような。

IMG_1037

ごはんも、(ウガンダにしては)めちゃくちゃおいしい!!

IMG_1113

IMG_1120

朝も少し早く起きて朝焼けの時間にお散歩し、
(ウガンダにしては)おいしいご飯を食べ、
また50分手漕ぎボートで頑張って漕いで
カバレの街へ戻りました。

地球の歩き方には乗っていないけれど、
とーーってもおすすめなので、ウガンダに行かれる方は是非
レイク・ブニョニへ!!

IMG_1096


魅力の国・ルワンダ

IMG_0835

ルワンダ4日目。

ルワンダに惹かれてます。
19年前の虐殺から奇跡の発展を遂げていると言われているルワンダ。
政策の素晴らしさが国に溢れていて、ほんとうにすごい。

道も綺麗に整備されているし、ゴミも落ちていない。
週末には一家の誰かが清掃に参加しなくちゃいけないらしい。
昼でも夜でもとにかく安全。フランス語から英語へ教育を変えていってる。
あとは(ウガンダに比べると)、ムズングムズングうるさすぎない。
(ムズングというのは、「白人!」という意味。)

あ~本当に、みんな、いいひとすぎる!!
ウガンダにいた私からしたら羨ましくなるようなポイント満載のルワンダ。

IMG_0898

ルワンダでは着いた次の日に、協力隊のひとたちと、
ルワンダで一番美味しいと言われているらしいハンバーガー屋さんに連れていってもらい。
そして私がウガンダにいた頃お世話になったJICAのスタッフの方がなんとルワンダに居ると知り、連絡したら泊めてくれることに!

次の日はバスで2時間くらい離れた街へ。虐殺博物館を訪れました。
当時の子どもから大人までたくさんの遺体が
そのまま石灰をかけられて保存してある場所。

IMG_0867

背の高い男性が案内してくれた。
言葉にできない感情。
この平和で優しい陽気なひとで溢れているルワンダの歴史。
信じ難いとしか思えない。

案内してくれた男性に、聞いていいのか分からなかったけれど、
思い切って聞いてみた。

「あなたは、ツチ族?フツ族?」

返って来た答えは、
「私はルワンダ人だよ。でも、虐殺の前は、ツチ族だった。」

今ルワンダ人の身分証明書に民族は書かれていない。

ルワンダに来てからどうしても
日本で見てきた映画の印象が強すぎて、
このひとはツチ族なのかな?フツ族なのかな?と気になってしまっていた。

けれど、「ルワンダ人だよ」と言われて、なんだか、ほっとした。

そして彼は、
「私は虐殺からの生存者だよ」と教えてくれた。

19年前、家族を亡くし、
そして今彼はその傷を背負ってこの虐殺博物館でボランティアをしているんだそう。

IMG_0881

博物館を出ると、
ルワンダ人の女性と警備員の男性が、のんびり座って、歌を歌ってる。

横に座れと誘われて、一緒に座って通じない言葉を交わしながら笑いあう。
ルワンダのひとの、アフリカのひとの、こういう、明るくて誰でも歓迎してくれて優しいところが、すごく好きだ。

 

街に戻ったら、昨日の協力隊のメンバーにまた偶然会う。
そしてさらにいろんなつながりの日本人が9人も集まり、
みんなで街に最近できたという中華料理屋さんで楽しい夕食のひと時を過ごし、
その街の協力隊のひとのお家に泊めてもらい、
次の日は協力隊の人の任地であるろう学校を訪問。

IMG_0912

IMG_0926

IMG_0940

なんだか、協力隊時代を思い出す。
異国の何も知らないルワンダに来たのに、
たくさんのひとに出会って、
みんな個性的でほんとうに素敵なひとばかりで、
たくさんお世話になって。

協力隊のつながりと、ピースボートのつながりの両方が、
いまの私にとっても素敵な出会いを作り出してくれているんです。

もうこのままルワンダにいたくなってしまうくらいに、
ルワンダが好きになりました。

でも明日は、懐かしのウガンダへ向かいます!!

IMG_0954


アフリカの大地へ

IMG_5592

5年前にアフリカで生活しながら自分で書いた文章を読みながら
過去の自分の文章が
今の自分に
なんだか勇気を与えてくれるようなそんな気がした。

5年前、勢いで行ったウガンダ。1年間、アフリカの大地にお世話になり
いつかまた来る日が来るのだろうかと
飛行機からお世話になった、本当にたくさんのことがあった
ウガンダの大地を見下ろしながら帰国した。

5年経ったいま(案外早い!)、もうすぐ私は、懐かしのアフリカの大地に
また少しお世話になりに行きます。

旅行です。完全なる旅行です。
でも、本当に楽しみです。
あの子どもたちは5年たってどう成長しているんだろうか

私にとって本当に大切な出会いだった
ウガンダのことをたくさん教えてくれたおじさん、彼に会うのが一番の楽しみだ。

IMG_5218

一緒に住んでいたようなお隣さんのハリエットはまだあそこに住んでいるのだろうか。

気軽に連絡の取れない一人ひとりの顔が次々と思い浮かぶ。

ブログをリニューアルしてから、
ウガンダで書き溜めたブログを再度編集してまとめました。
あの頃、毎日停電する中で、電気が来るとインターネットカフェに行って
めちゃくちゃスピードの遅いパソコンで頑張って書いたブログ。

アフリカの生活と
社会や世界への想い、
自分の日々のこと、
本当にいろんな想いがあふれます。

そして、アフリカ生活ブログは
また誰かがめぐりにめぐって読んで
何かを感じてくれたらうれしいな、っと。

↓↓
ウガンダ日記

さぁ、では、アフリカの大地に旅立ちます~!
まずはルワンダへ。
そこから陸路でウガンダ、ケニア、タンザニアと旅をする予定です。

いってきまーす^^


ハワイの旅

ハワイは、
生命力あふれんばかりの木々や
太陽をいっぱいにあびた花の匂い
どこまでも真っ青で広い海
爽やかな気候に、気持ちいい風。

そんな素敵なところに滞在したら、
だれだって、
自然からのパワーをたくさんもらって
心も体も気持ちよくってパワフルになっていく。

自然というものが、こんなに気持ちよくって
こんなに素敵なものなんだということを
体全体で感じる島。

そんなハワイの旅。

IMG_0364

20年ぶりのハワイへ
ハワイに到着!
http://natsusa-blog.com/?p=931

おばあちゃんのファーマーズマーケット
ローカルファーマーズマーケットへ。
この~木なんの木の木がある公園は、びっくりするほど素敵な公園!
http://natsusa-blog.com/?p=944

ノースショア
カメと出会う!カメと泳ぐ!そしてハワイアンの聖地へ。
http://natsusa-blog.com/?p=979

パールハーバー
ワイキキにはあふれる日本人が、パールハーバーにはほぼいない。
観光のハワイと、歴史を見つめる場所のハワイ。
http://natsusa-blog.com/?p=938

マカプウ岬
絶景!ハワイに行ったらここがおすすめ!
http://natsusa-blog.com/?p=1013

マノアの滝
木や、島の自然に癒される。
http://natsusa-blog.com/?p=1022

 

●●オアフ島のオーガニックカフェめぐり●●

Kahumanaオーガニックファーム&カフェ
世界中からのWWOOFも受け入れている農園と、その農園で育ったオーガニック野菜がたっぷり食べられるカフェ。
http://natsusa-blog.com/?p=958

ハレイワのオーガニックカフェ
オーガニックスーパーマーケットの奥にはローカルな雰囲気満点のオーガニックカフェ!
こんなお店が私の住むところにもあったら毎日行くのに!
http://natsusa-blog.com/?p=1005

Sweet Home Waimanalo
ワイマナロにある、ローカルなオーガニックカフェ!
http://natsusa-blog.com/?p=1066

Govinda’s Vegetarian Buffet
大きなバニヤンツリーの下で食べるベジタリアンビュッフェ!
http://natsusa-blog.com/?p=1077

オーガニックハワイ!
小さな島に、素敵なオーガニックが広がっている!
http://natsusa-blog.com/?p=1047

———————————————

こんな、ハワイの旅でした。
ハワイはなんとなく観光地というイメージで、特に行こうと思う機会がなかったけれど
大のハワイ好きの両親がおいでおいでと誘ってくれて
思い切って行ってみて本当に良かった。
またいつか行きたい!けど、まぁ、両親くらい年取ったらかな!

IMG_0405


オーガニックハワイ!

ハワイでいちばんしたいこと!
お買いものでも、リゾートでも、お食事でもなくって、
ハワイのオーガニックめぐり!

IMG_0190

大学生で就職活動をしたときも
オーガニック食材の会社を受けたし(内定もらったものの結局就職しなかったけど。)
日本でも、東京のオーガニックカフェはほとんど把握しているし
来年には自分でオーガニックカフェを開こうと思っている!

オーガニック、オーガニック、って、
最近はけっこう流行ってるし、
「オーガニック」と聞けばなんとなくおしゃれでちょっと素敵。
そんな印象を持つ人も増えているのでは。

農薬を使用しないこと、オガーニック農業が広がること、
自分の体に、不自然なものを取り入れないこと
それが、今の時代、どれだけ大切なことかというのは、なかなか私たちの意識に浸透してきづらい。

それは、農薬を使った野菜のほうが安いし、
農薬を使った野菜が「ふつう」だし、
地球環境やいのちのことを考えるよりも
「経済」のことを考えた政治で、国民だって、命のことよりも自分の「経済」が大事なんだ
ということは、この間の選挙の結果を見ても、普段の生活を見ても、あからさま。

でも私にとっては、
世界の平和も
自分の幸せも
日本がどんな国として成長していってほしいかも
未来の世代の子どもたちに託したい思いも

考えれば考えるほど、
「安全に、安心して食べること」
という身近すぎる答えにぶつかるのだ。

だから、私は、自分の体に取り入れるものは、極力オーガニックなもの。
日本にいたら、産地や放射能検査を気にしたもの。

3.11以前は、食べ物に関してはいかにオーガニックなものかということを気にしていればよかったけれど、今は、そうはいかない。
さらに、目に見えない放射能という厄介すぎる問題が付きまとう。
農薬も気にして放射能も気にしていたら、本当に安全に食べられるものが少なすぎる。
なんで、こんな国になってしまったのかと、思う。

話はずれて、私の食に対する熱い思いを語りかけたけど、
それはまたおいておいて、

そう、ハワイはこんなに自然が豊かで気持ちいい場所なんだから
オーガニックムーブメントもきっと広がっている!
と思っていたのです。

いくつかのオーガニックカフェを巡ったりしたけれど、
とにかくすごいのは、オーガニックスーパーの充実していること!!!

「HOLE FOODS MARKET」は、
以前コロラドを旅したときに出会って感激だった。

オアフ島には、ホールフーズが2店舗!
しかも、かなりの大きさ!!
巨大なスーパーに、オーガニック野菜や食品、加工食品、化粧品、なんでもそろってる!

 

IMG_0189

IMG_9619 IMG_9616 IMG_9631 IMG_9629

IMG_9622

しかもね!やっぱりこーゆうところはアメリカだなー!と思うのが、
「オーガニックは楽しいしセンスがいいし素敵なんだ!」
っていうのがバシバシ伝わってくるところ。

日本でオーガニックは、なんとなく仕切りが高くて手を付けにくいという雰囲気がある。

面白かったのは、
日本では絶対オーガニック食材なんて手にしないだろう!と思えるような
典型的な観光客っぽい日本人がたくさん来ていること。

後で知ったけど、どのガイドブックにも、ホールフーズがきらびやかに紹介されているのだ。
るるぶを見て観光に来る日本人が、たくさん来るわけだ。
そして、その観光客のお目当ては、
「エコバック」!らしい。

かわいらしいデザインの大きめのエコバックが2ドルとか3ドルで買える。
それをお土産にするのが流行っているらしく、
大量にそのエコバックを買っていく日本人がたくさんいた。
びっくり!笑

日本でも、オーガニック一緒に広めようよぉ~!と心で叫ぶ私。

それにしても、ガイドブックの力って、すごい。
だって、ガイドブックに載ってるところは日本人だらけなんだもん!

 

そして、もうひとつ、大きめのオーガニックスーパー。
Down to Earth
ここのほうが、もっとシビアにオーガニックやヴィーガンに対応しているという雰囲気。
環境問題や食の安全などに関する情報なんかもおいてあって、のんびりした感じ。

IMG_0179

ホノルルと、アイルアというところにある「Down to Earth」に行きましたが、
私はカイルアのDown to Earth がすごくすき!
のんびりしてて、店員さんもすごくフレンドりーで。

小さなオアフ島にこれだけ堂々とオーガニックスーパーがあって
とっても活気あふれてる!
やっぱり、気持ちいい島です!

 

●ハワイのオーガニックカフェ●

ハレイワのオーガニックカフェ
Kahumanaオーガニックファーム&カフェ
Sweet Home Waimanalo