カテゴリー別アーカイブ: 未分類

切なく嬉しい春を迎え

IMG_0250

桜が咲いて散りました

この季節は毎年
出会いや別れや決意を感じる、少し特別な季節。

桜の花にいろんな想いを重ねる
切なさや温かさや、もう本当にいろんな想いを、桜を見ながらそれぞれに感じる。
そんな桜はやっぱり日本に生きるひとにとって特別な存在としてあるのだろうと
しみじみ思うのは年を重ねた証拠なのかななんて思ったり

地球を旅するCAFEが誕生してから1年半。
この1年半で、想像を超える数の人との出会いがあった。

ひとりとりに感謝するし、これからも繋がっていきたい大切な友人もたくさん増えた

春が来て
カフェにも出会いや別れの季節が訪れていることを感じる

高田馬場から引っ越していく人
旅に出る人
海外に移住する人
自分の国に帰る人
卒業して新しい人生を始める人

地球を旅するCAFEを好きになってくれた人がそうして新たな道に進んで
なかなか来れなくなってしまうことは寂しいけれど
きっとまた新しい出会いがどんどん訪れるのだろうとも思う

 

大好きなヘザーも、カナダに帰って行った。
去年の夏、カナダから日本に来たばかりのヘザーは、
地球を旅するCAFEの近くの日本語学校に通い、私たちのお店に来るようになった。

IMG_4792

お店をすごく好きになってくれて、学校が終わってから、
宿題を持ってお店にくるのが日常になった。

初めの頃はテーブルに座っていたけれど、
途中からはカウンターに座るようになって
私たちは日本語をたくさん教えたし
ヘザーとはたくさんの話をした

私はヘザーのことが大好きになって
カナダから日本に来てくれたことも嬉しくて
日本に来て良かったと思える1つの要素になれればと思った

ヘザーの試験が終わった時には
休みの日に3人でレストランに行ったし
私の海老名の実家にも連れて行ったし
この間は一緒に長野に旅行にも行った
土日の忙しい日にはお店を手伝ってくれた

S__1105947

IMG_5114

S__1105948

 

ヘザーは19歳。

私は17歳の時にひとりでアメリカに留学した時
たくさんホームシックになったし
辛いこともほんとうにたくさんあったけど
支えてくれた人や
優しくしてくれた人がたくさんいて
そのおかげで、一年間を過ごせた

世界中を旅していた時も
世界中のひとたちに
たくさんのおもてなしをしてもらったし
たくさん優しくしてもらった

お店をやってよかったと心からおもうのは
ヘザーが帰る前日のような日だった

ヘザーは日本での最終日に
夜、お店に来てくれた

たまたま、私の友人が
カウンターに先に座ってて
ヘザーとも話して
「日本に来てくれてありがとう。
今日は会えて本当に嬉しいよ。ありがとう」

と、私の友人はいつもと変わらず本当に個性的な雰囲気のそのままで
ヘザーとの出会いに感謝してくれた

そしたら
いつもは来ないような雰囲気の70代男性来店。

カウンター、いい?
と。もう3人座っていたカウンターに狭かったけど座ってもらった

若い人だらけの店内で
ヘザーの隣に座ったその男性は
また面白い人で
ヘザーに話しかけて
最後の日なら、飲め!とビールを勧め、

最終的に、ヘザーの会計をすべて払って帰って行った

ヘザーはお客さんが全員帰っても最後までいて
お店のシャッターを閉めて3人で少し飲んでごはんをたべて
ヘザーの日本で最後の夜を一緒に過ごした

IMG_5048_Fotor

何年経っても、日本で過ごした日々の中で

私たちのカフェのことを思い出してくれるような、そんな存在になれていたら嬉しい

日本での生活が、私たちのカフェという存在があったことで少しでも
楽しくなってくれていたら、本当に、嬉しい。

お店を始める前、私は世界中いろんなところを旅していたけれど
今は東京の小さなお店の中で毎日が過ぎていく

世界中のお客さんが来てくれたり
素敵な出会いに恵まれたり

そんな日々は、旅しているように刺激的なことが多くて

まさに「地球を旅するCAFE」という名前がぴったりだと
改めて思う

4月になって、また、外国からの留学生がカウンターに座って
日本語の勉強をしていたよ

またヘザーとの出会いのように、仲良くなれるといいなと思いながら

春を切なくも嬉しくも、思うのです。

新しい季節と新しい出会いを楽しみながら

私は今は変わらず、地球を旅するCAFEで旅をしています。

また、会いに来てください❤︎


真夏の内装工事

10583925_813525005354577_5143874130098336026_n

 

内装工事が始まって、1週間。

10460565_10152657904424289_6247074802469554077_o

こんな看板を手作りして、店舗の前に置いて工事をしています。
通り過ぎる人がみんな見てくる。
「カフェになるんだって!!」と、女性からは嬉しそうな声が聞こえてくる。
いろんな人が声をかけてくれる。
特に、「地球を旅するCAFE」という名前に反応してくれた人は、声をかけてくれて
旅好きな人や、バックパッカー中に出会ったご夫婦とか、旅作家のおじちゃんとか・・・。

高田馬場、本当にいろんな人がいるから、既におもしろい。

 

大工さんは、友人の繫がりで石巻から、2ヶ月間泊まり込みで来てもらっています。
実は、1ヶ月前、物件は見つかってデザインも進んでいく中、大工さんだけが決まっていなかった。
今まで1年間ずーっとカフェの準備をしてきたその最後の店舗作りを一緒にしてくれる大工さんがいない!
ということでかなり、焦った。

Facebookで呼びかけて大工さんを探していたら、友人の繫がりで、やっと、見つかった。
でも大工さんは宮城県に住んでいるし、子どもも家族もいる。だから、あまり現実的ではなかった。
でも私たちのカフェのコンセプトを読んでくれて、共感してくれて、イメージを膨らませてくれて
「一緒に作り上げたい」と言ってくれて、東京まで来てくれた。

10447851_814577901915954_689984801755888568_n
(大工さんを紹介してくれた、地球一周仲間のクリと、大工のヨシさん。)

開店する為にカフェ準備の最後の大仕事、大事な店舗作り。

デザインはだいたい固まっていたけれど、どんな素材を使うのかとか
細かいところは全然決まっていなくて
でも私たちは素人すぎてどんな風に決めてけば良いか分からなかった。

そんな中で、宮城から東京に来てくれた、大工のヨシさんは、
「内装も、オーガニックでいこう!」
と、素敵な提案をしてくれた。

なにそれ!!
そんなこともできるの!?
と、建築や建物のことなんて何にも知らなかった私にはメカラウロコ!!!

ハウスシック症候群?とか聞いた事はあったけど、具体的にどんなことか知らなかった。

 

例えば、工事が始まって、まずはキッチン内の床の下地を組んだ。

その素材選びから入る。

普通は「コンパネ」という、頑丈な大きな板をどーんと貼付けて下地の土台が完成するらしい。

でも、コンパネには化学物質が使われた接着剤が使われているため、
実は、できれば、避けたいものだとか。

ということで、手間はかかるけれど、ただの木材を長さを細かく測って切ってつなげてトンカチでカンカン打ち込むという作業をし、
こんなふうに床の下地が組まれました!!!

10592666_814573101916434_5253362789519041932_n
大工さんに教えてもらいながら、頑張る2人。

10537845_814573041916440_1025389412426484_n
木も切ります

10423882_814573118583099_4238596795314298015_n
私も切ります!

10556482_814573478583063_2539325614754676402_n
父(あだ名:シギー)も切ります!
そして、キッチン床の下地完成!
10307218_815681278472283_5293787331713973506_n

使うペンキや接着剤や・・・そういったものにも普通に化学物質は使われていて、
気にしなければなんともないし、日本中のほぼ全ての建築に使われているものなんだけど、
食べるものに最大限気を使ったなら
生活するそのものである内装に使用する素材にも、こうしてちゃんと気を使っていくことって
本当に大切なことなんだということに
今回ちゃんと向き合う事ができた事に、偶然のような必然のような可能性を感じます。

工事は9月いっぱい。(で、本当に終わるのだろうか!?笑)

1年以上前から準備をしてきた「地球を旅するCAFE」が、あと本当にもうすぐ、現実のものになります。
暑い夏は、工事で過ぎ去って、秋が来たら開店の予定。

さあーやること山盛り!
素敵な夏を過ごしています!


今日は父の誕生日!

偉大なる父、シゲル様!

お誕生日おめでとうございます!!!

CIMG3279

昔からパワフルで行動的で、人とのつながりを大切にするから、
我が家には日本中、世界中からのお客さんが耐えず父と母を訪れに来ます。

五年前1

退職して何年も立った今でも、
私と同い年くらいの教え子から「しげるっちー!」と慕われて
みんなが父・しげるっちを囲んでいる。
こんな先生が私の担任だったらおもしろかっただろうな、と思う。

父が30年前に仲間たちと建てた山小屋は、
私が生まれた時からずっと、四季を家族で楽しむ特別な場所だった。
自分の家族や仲間たちが集まれる素敵な空間を作って
それが私が大人になった今も大切に守られていて
「自分の空間を自分で作り上げたい」という、きっと30年前の父と同じような思いで
私は今、同じように、自分の空間を作り上げようとしているのかもしれない。

IMG_4570

昨日は、私の引越しを黙々と手伝ってくれて、
重い洗濯機から全部車に綺麗に敷き詰めて3往復。
時に引越し屋さんの父、尊敬!
いや、父は、時に料理人、時にツアーコンダクター、時に大工、・・・
なんでもできる。しかも、全てが本格的で
何でも知っていて、何でもできて、いつどこでそんな知識を得たのだろうと思うほど。

海外旅行も大好きで、毎年本当にどこにでも行く。
私の旅好きは、絶対に、父が昔からディープな海外旅行へ連れ回ってくれた影響。
海外で待ち合わせすることも何度もあった。
私が青年海外協力隊でウガンダにいたときは、はるばるウガンダへ遊びに来てくれた。
一ヶ月も!笑

CIMG9445

 

IMG_7281

ピースボートで仕事していたときは、
地球一周の船旅の途中で
フランスで船の入港を待っていてくれて、一緒にフランスを歩いた。

IMG_0892

昔我が家にホームステイしていたベトナムの子が結婚したときには、
両親とベトナムで待ち合わせて、一緒に結婚式に参列した。

IMG_9923

私が高校生のときに留学へ行ったのも、
父が「1年くらい留学行ってみれば」と背中を押してくれたから。
全然留学なんて考えていなかったただの高校生だった私の人生が変わったのは
父が私に留学という体験をさせてくれたから。

私の人生にとって、こんなに偉大な人はいません。

IMG_0059

そんな父の、今日は、誕生日。

今年は、父のことをブログに書いてみました。

いつでも自慢の父・しげるっち!
何歳になっても、まわりの人に囲まれて
自由奔放に、楽しい人生を過ごしてください!!!

誕生日、おめでとうございます!!!

夏沙より


物件探し。決まるか決まらないか!

IMG_4921

雨がたくさん降っている。
やっとやんだと思ったらまた雨。
雨、雨、雨。

今年はなんだか、季節感のある日常を過ごしているなあ〜
と思うけれど、日本のこの時期の雨は、キライ。

日本の空は、アフリカや東南アジアの雨の降り方を学んでくれないかな。
ザーーッと降って、やんで、すぐ晴れる!
晴れたときのきもちいい〜こと!

IMG_4241

開業に向けて、日々、やるべきことをこなしている中で
ほんとうにたくさんのストーリーが生まれているけれど
短い文章で日々の出来事を書くようなブログが苦手で、
なんとなく、ブログの更新回数が減っているこの頃。

「物件が決まりました!」
という更新を早くしたいのだけれど

なかなか、決まりません。

高田馬場で探していて

高田馬場で出てくる物件はラーメンや焼き肉や、なんかそーゆう、「高田馬場」っぽい飲食店の居抜き物件が多い。

高田馬場に、おしゃれなカフェが少ないのは、こういったチェーンやお金儲けが目的でしかないような飲食店ばかりの街に
個人として開業する難しさや、家賃の高さや、個人で開業するのに理想的な物件自体の少なさ
そういう問題が多くて、だから、少ないんだって、
分かっていたような、分かってきたような。

見つからないから、
原宿、渋谷、代々木、池袋、荻窪、祐天寺、曙橋、幡ヶ谷、下北沢・・・・・
と、いろいろ、物件を見に行っていました。

でも、理想的な物件にはなかなか出会えません。

家賃が高い。
広すぎる。
狭い。
立地が悪い。
周りの雰囲気が悪い。
街自体が微妙。

と、なにかとマイナス面がついてきます。

何かを妥協しなければいけない。
なんてことは、言われても分かっていても、それでも何かを妥協してでもやりたいと思う物件がない。
理想が高すぎることもわかっている。

ネット上の物件サイトにはいくつも登録し、毎日更新情報をチェック。
歩いていて気になる物件があれば、電話して聞いてみる。
不動産もたくさんめぐって、一緒に探してもらう。

とにかくいろんな不動産屋さんにアクセスした。

いろんな人がいてね。
そりゃ、営業マンですよ。申し込みが欲しい。
うん。わかるわかる。私もやってましたよ。

だからってね、営業の仕方もほどほどに、相手の事もうちょっと考えた方がいいんじゃないか
と思うような営業マンもちらほらいる。

例えば、とにかく何度も何度も電話してくるひと。
もう電話じゃなくてメールしてくださいって言ってるのに
何度も何度も電話してくる。
さすがに、う・ざ・い・・・・!と怒りそうになる。
いや、一度叱りました。笑

例えば、予算や希望を伝えているのに、
賃料100万円の物件とかの情報を
「いい物件出ました!」とかいって何度も送ってくる不動産のひとがいたり。
あのね。たった2人で経営するカフェが毎月100万円も払えませんよ。
何を考えているんですか、と。

街の良い不動産もたくさんあって、
素人の私たちの思いをちゃんと受け止めてくれて
「しゃ〜ないな〜、ま、出てこないと思うけど、探してやるか!」
と協力してくれたり。

まあ、そんなこんなで、物件が見つからず、焦ったりしながらも日々が過ぎていきました。

でもなんとなく
「香川から帰ってきたら物件が決まる気がするな〜」と思っていた矢先、
本当に物件が出てきたのです。

最近、「開業ストーリー」の掲載でお世話になっている、
「個人カフェ.com」のスタッフの方から紹介してもらった不動産屋さんから
希望に見合った物件のリストがいくつか送られてきました。

ほぼ、微妙。却下、の連続。(すいません。笑)

ただひとつ、物件探しを始めた頃から知っていた高田馬場の物件がまたその中に入っていた。

その物件は、坪数が小さいからという理由で、初めから避けていた物件。
理想の大きさよりも、やや、狭い。

ただ、立地の良さ、雰囲気は、求めていたものに限りなく近く
「あ〜この物件がもうちょいひろければね〜」とかいいながら、その前を何度か通り過ぎていた。

もう、一番の理想の高田馬場では、理想通りの物件はでてこないかもしれないという
相場が分かってきていたから、
とりあえす、狭いけど、一度中を見せてもらおう。

ということになり、見に行きました。
見に行く前から、なんとなく、わくわくしていました。

見に行って、中に入ったら、
意外と、いけるかも!!
むしろ、2人で経営するのに、こんないい立地でもっと広い物件だったら人手不足になりそうだし
夜、お酒を出して人と人がつながる空間を作りたいなら
この少し狭い環境が、ちゃんとはまるかもしれない!

妥協すべき点は、理想より2坪くらい、狭いだけだ!

ということで、テンションがあがる。

とはいっても、いろいろ考えて、
紙の上に手書きで簡単に図面を書いたりしてあーだーこーだ言って
いろいろやって、
とりあえず申し込みもして・・・・と進めている間に、

写真

ライバル、現る!!!!

いや、ライバルがいるのは知っていたけれど、
不動産にも管理会社にも、ほぼ問題なく契約できるはずと話を進めていた中

いきなり、ライバルが上り詰めてきた。

やばし!!!

と・・・・、実は、物件に申し込んだのが20日くらい前なのですが。

その間に、この物件でカフェを作り上げる為の準備は着々と進めているのですが。

まだ、決まりません。

ライバルさんがいるので、大家さんが決めかねている様子。
来週、大家サンと面談することに。。。

面接はいつだって得意だ!いける!

という自信はありますが、万が一、私たちのやりたい事や、まっすぐな想いが
伝わらなかったら、この話はなくなってしまいます。

でも、ちゃんと伝えて、それでも伝わらないなら、
その物件や、大家サンと縁がなかったという事でしかないので、
そしたらまた一から物件探しを始めます・・・・・

うううう。

それは、かなりの試練です。

物件探しアゲインは、きついっす!

ああ、もしだめだったら、旅に出てしまおう・・・・

(だめだめ・・・。)

決まるか決まらないかの瀬戸際で、
今の一人暮らしの家も、6月で2年経つので、契約更新していない
カフェのバイトも、物件決まりそうだからと、新しいアルバイトを捜してもらった

あああ〜どうなる、地球を旅するCAFE!!!


コメントが…

ブログを読んでいただいた皆様。
いつもありがとう。

そして、コメントを書いてくれていた方々…
ごめんなさい!

私の設定ミスで、なんと、10/29以前に頂いていたコメントが、
全て、見る前に削除されてしまいました。

友人から、コメント見た?と言われ、そこで初めて気づいたのですが、
ほぼ全てのコメントがスパムBOXに入ってしまっていて、
気づかずに過去のものが消去されていたのです!

なので、読むことも返信もできず!です。
ごめんなさい。

確かに、以前は来ていたコメントが最近はあまりこないなーと思っていたんです。

でも設定を変え、今後はスパムBOXもチェックしますので、
懲りずにまたコメントください!
書いたブログに反応があるというのはとっても嬉しいものです♫

今後はカフェ開業ストーリーも展開していきますので
また読んでください